北原産婦人科 Kitahara Ladies’ Clinic

Message from Mam Back Number
ひっひっふ~のーと バックナンバー

イメージ

ひっひっふ~のーと

お産で入院された方のために、各病室にはノートが置いてあります。それが「ひっひっふ~のーと」。そこには、先輩ママたちが体験した、妊娠・出産時の様々なエピソードや、感想、病院に対する率直な意見などが書かれています。そんな先輩ママたちが残してくれた、貴重なメッセージを、いくつかご紹介しましょう。

    

2018年12月9日 第1子 女の子

初産婦かつ医療知識のない私が言うのもなんですが、、、、
北原さんは、「知識」「経験」「技術」「判断力」そして『人間性』、その全てがそろった所だと思いました!!!

初産婦なので、妊娠中、お産、産後の全過程についてイメージも湧かない状態でしたが、産前から出産を終えた今もなお、大きな不安も何もなくいられるのは、院長先生をはじめ、お産や産後お世話になった助産師の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

妊婦学級では、先生の話の全てに心から納得することが出来ました。
命の尊さ、体のこと、お産に対する考え方、とても心うたれました。
「ベビー服をそろえたいから」なんてことで性別を知りたがってる友人に聞かせてあげたい。。。
先生のおっしゃった「旦那さんは撮影隊として立ち会うんじゃないよ!!」も言葉は、これから全エネルギーを使ってお産に臨む妊婦にとって非常に頼もしいものでした。全国の男性に聞かせたい。。。

お産は陣痛を自覚してから約10時間、病院到着後8時間程で出産できました。助産師さんは「ママの頑張りのおかげ!!」と言って下さいましたが、実際は助産師の皆さんのおかげです!!陣痛の間も「頑張りましたね」、お産に到るまでも、「上手だねイキみ!!」「顔見えたよ!!」「髪の毛フサフサだよ」「ここを通過すれば」等と前向きなお声がけをして下さったから、「ゴールはもうすぐ!!」と自分に言い聞かせ、ふんばることが出来ました。本当にすくわれました!!

お産後も乳房マッサージをしっかり行って頂き、痛みから開放されました。

いつも頼もしく、親切かつテキパキとご対応頂き、改めて感謝致します。

本当にありがとうございました!!!

2018年11月20日 第2子 男の子

母親学級でも、妊娠することは奇跡ですと先生に言われましたが、妊娠中に会った友人から、いま不妊治療中であることを打ち明けられた時に、改めて命を授かることの重みを感じ、授かった命をしっかり守らなくてはいけないと思い、妊娠中を過ごしてきました。

大きなトラブルもなく、出産当日を迎えられたのは、北原産婦人科のみなさんのおかげです。

予定日を4日過ぎたお昼から、お腹の違和感を少し感じました。陣痛がきたと確信したのが、午後9時半で、お風呂をさっと浴びて病院に行こうと思ったら、あっという間に10分間隔を切りました。

母親学級での「経産婦はとりあえず、すぐ病院へ」という言葉を思い出し、4才息子に「ママ、これから赤ちゃん産んでくる」と言い残して、母に預けて、主人とすぐに病院へ

午後10時に到着すると、先に陣痛のはじまっていた妊婦さんがいました。隣で看護師さんがその方にアドバイスする声を聞きながら、自分もイメージトレーニング(笑)

産声が聞こえてきて、その30.分後に私もつられるように分娩台へ。分娩台に上がったときに、急に一瞬パニックになり、「怖い」と叫んだら、院長先生が手を握ってくださり、○○さんが「怖くない」と声をかけてくれて、なんとか落ち着きを取り戻せました。(その頃、血がダメな主人は、部屋で待機中(笑))

生まれてきたのは、男の子。上の子が「ひなちゃん」とあだ名をつけていたので、女の子が生まれてくるかなと思いましたが、おちんちんついていました(笑)

12時45分には、無事に出産できました。
陣痛から、3時間という超安産でした。

一人目の時は、会陰の傷が痛すぎて、死にそうでしたが、今回は、ほとんど痛くありませんでした。力まないで産めるように上手にアドバイス(お尻を床にくっつける)をして頂いたおかげです。

入院してからまず、食事のおいしさに感動しました!ママ友から噂には聞いていましたが、本当においしかったです。

毎回お皿をなめるように完食しました。
そして、最初は多めだと思っていたご飯の量も、看護師さん達の熱心な母乳指導でおっぱいが出るようになってきたら、

あっと言う間にお腹がすきはじめて、足りないと感じるくらいに(笑)

だらだらとおっぱいをあげるのではなく、片胸5分というのは、目からうろこでした。

産後の生活についても、上の子に対して「ママはあなたが好きだよ、がんばっているね、応援しているよ」という気持ちで受け止めてあげてと言われました。

息子は病院に来ても、ぐずって帰ることもなく、「ママ、明日も来るね」と言って、あっさり帰っていますが、本当は寂しいのをがんばって見せないようにしてくれてるんだろうと、そのアドバイスで改めて気づかされました。

何度コールをして、細かいことを相談しても、お忙しい中、嫌な顔ひとつせずに対応してくださった、助産師さん、看護師さんに感謝しています。

お部屋はいつもキレイで居心地よく、布おむつや、ミルクがついた大量のタオルや衣類のお洗濯をしてくださったスタッフさんや、美味しくて、健康的で、心がほっこりする食事を作ってくださったスタッフさんに感謝申し上げます。

院長先生も、毎回の丁寧な診察、ありがとうございました。妊娠中の尿漏れを相談したら、「いまはどうにもなりません」とばっさり言われましたが、母親学級で、先生が命のことを真剣に考えていらっしゃる姿勢がしっかり伝わり、出産前に不安はありませんでした。

ここで出産できてよかったです。
北原産婦人科の皆様、ありがとうございました。
とてもいいお産ができました!!

最後のお祝い膳は至福の味でした♪

2018年11月20日 第2子 女の子

今回の妊娠は、こちらでの治療が結実してのものでした。その時から、無事こちらで出産し、退院するまで伝えきれないほどの感謝でいっぱいです。本当にお世話になりました。本当にどうもありがとうございました。

妊娠中は先生のご指導のおかげ様で体重維持を頑張ることができました。2回の母親学級では、先生の講義をたっぷりと聞くことができましたが、どのお話も明確な理由をご説明下さったので、共感、納得した上で、出産の準備ができたと思っています。

また、お産においては、助産師さんの的確なアドバイスにより、みるみる陣痛が促進され、(騒いでしまいましたが、なんとか)自然でスムーズに出産することができました。このことは、前回のお産が、陣痛誘発(予定日過ぎても来なかったため)からの出産であった私にとって驚きの連続でもありました。自然なお産のおかげ様か、前回と比べものにならないほど回復が早く、少し心の余裕をもって入院生活を送れたと思っています。

そして、入院中は熱心に母乳指導をして下さり、本当にありがとうございました。
前回は、入院中、母乳が全く出ず、1か月健診でネグレストを疑われるのではないかという程、体重を増やしてあげられず、悩み続けて何とか母乳育児にこぎつけましたが、こちらでのケアは、助産師の皆さまがおっぱいに精進し、嫌な顔ひとつせず、お忙しい中、何度もお願いしてご指導いただきました。おかげ様で、前回の不安で苦痛だった母乳育児の立ち上がりも少し光が見えており(私的に)、少し自信をもって退院後の授乳も頑張れそうです。アドバイスの1つ1つも明確な理由があってのもので、納得した上で実践することができました。(北原先生イズムが浸透しているのだなと思いました)
入院中はお食事も毎回楽しませていただきました。味はもちろん、盛り付けなどもこだわっていらっしゃり、参考にしたいと思いました。おいしく、おっぱいに良い食事をどうもありがとうございました。

とりとめもなくなってしまいましたが、今後ともご指導お願いします。本当にありがとうございました。

2018年11月5日 第2子 女の子

大変お世話になりました。
この病院で出産することができて、本当によかったです。

第一子は他院でしたが、1人目ということもありなかなかお産がすすまず促進剤を使用した出産でした。いきむのも下手で、とにかく疲れ果てて意識ももうろうとした出産でした。
第二子はどうなるのかな…と不安に思っていましたが、助産師さんのすばらしい力のおかげでいきむ回数も最小限ですみ、身体の痛み(産後)もほとんどなく、大満足の出産となりました。
赤ちゃんの頭が出る間隔、へその緒?か何かが産み終わったあとに出される間隔をしっかりと感じることができ、出産とはこういうものなんだ!と驚きました。
この経験は、北原産婦人科だからこそできたのだと、本当に感謝しております。助産師さん、ありがとうございました。

入院中も、母乳のことなど、丁寧にみてくださりありがとうございました。
優しく接していただき、安心しました。
お食事も健康的でとてもおいしく、薬味や味つけの仕方、とても勉強になりました。家でもまねしたい!と思います。

これから始まる4人の生活が楽しみでもあり、少しお兄ちゃんと妹の関係がどうなるのか不安もありますが…。
子ども達を守り、教え、時には叱りながら大切に育てたいと思います。

院長先生、職員のみなさま、この度は誠にありがとうございました。

2018年11月4日 第3子 男の子

2番目の女の子をこちらで出産してから、4人家族のイメージで家の部屋割りをし、その後車が壊れた時も4人だし…とミニバンを選ばなかった私達(笑)そんな3月のある日、生理が遅れて、直感で「妊娠したかも…」と検査薬で陽性反応。私も夫も2人兄弟のため「3人兄弟?5人家族?どうなるんだ?」とパニックで始まった、今回の妊婦生活。そんな時、北原先生の母親学級で命の大切さを学んだなあ、前回出産の時に「いい産道持っているのだから使わないのもったいない!」と助産師さんに言われた事を思い出し「5人で頑張っていこう」という気持ちで、検診の予約のお電話をしました。
毎回慌ただしく過ぎていく妊婦生活で、検診で先生が丁寧に説明して下さるエコー画像「順調です」にホッとして、助産師さん看護師さんのアドバイスに「そっか」「なるほど」と思いまたすぐ検診の日がくるという感じでした。その間、2人の子供にも「赤ちゃんがお腹にいるよ」と言うと、とても喜んでいました。予定日が近づくと『お腹ナデナデ』をたくさんしてくれました。1番上の4才のお兄ちゃんとは、お腹の中で赤ちゃんがどうなっているのか、図書館で本を借りて一緒に見ましたが、命の誕生を説明するのは難しいですね…。
出産予定日を2日過ぎたモニターで、心拍が下がった時間があって、急きょ入院になった時は、とても不安になりましたが「大丈夫だよ」と言ってもらえたので安心して一時帰宅で陣痛を待とうと思っていたのに…。夫が「体調が悪い…」と寝込んでしまったため、お腹の心配をしながら家事を全部終わらせて夕飯時、上のお兄ちゃんに「赤ちゃん、いつうまれると思う?」と尋ねると「ちー(兄の名前)達が寝てる間。朝にはうまれてる。」と。その予言通り、日付の変わった0:40に痛みで起き、30分程で間隔が10分を切ってきたので、電話をして病院へ。1人でタクシーで行くつもりが、復活した夫「車で送っていく!」と、まさかの子供2人を置いて病院へ行くという…。(2人とも一度寝たら朝まで起きないため、強行したようです…)なかなか陣痛が強くならず、赤ちゃんがなかなか降りてこないなあと言っている間にいきみたくなる痛みが2、3回続き「あー、ちゃんとお産の流れ、見ておけば良かったなあ」と思いながらナースコールを押すと、ほぼ全開。一時帰宅した夫にTELしてもらい、分娩室へ。「車で10分くらいだから頑張って!いきみ逃して!」と助産師さんに励まされながら待ちましたが、私も限界で、到着したころには頭が出ていました。
あとはスムーズにうまれてきてくれました。夫を待ってくれた赤ちゃんに感謝です!
あた、上のお兄ちゃん(子供)の予言はすごいなと思いました。(性別も大当たり)

一生に数回経験できるか?という事を、この病院でできたのは、とても貴重でした。 入院中も、他愛ない話や、3人育児の不安、授乳の仕方、里帰り後の事など、たくさんの話を聞いてもらえて、これからも頑張れそうです。毎日の美味しいご飯これから参考にします。(レシピもありがとうございました)
院内はとても清潔で気持ち良く過ごすことができました。皆様、本当にありがとうございます。

そして、3人とも母子健康で出産できた奇跡に感謝して、この思いを忘れずに、子育てをしていきたいと思います。

また、北原先生をはじめ、スタッフの皆さんとのご縁も大切にしていきたいです。
大変お世話になりました。

2018年11月2日 第1子 男の子

院長先生をはじめスタッフの皆様、この度は大変お世話になりました。

検診は毎回丁寧にみてくださり「順調です」の一言に安心をもらっていました。
主人も検診に行く度に「順調ですって言われた?」と毎回聞くようになり、その言葉にホッとしていたようです。

私が出産を経験して、北原さんで特に良かったことは、母親学級や立会い学級がしっかりしているということでした。参加していたときは「へえ~」ぐらいな感覚できいていましたが、先生は大事なことをもらさずお話してくれていたので、破水してしまったとき等、冷静に行動することができました。また、“いきみ方”なども説明してもらっていたので家で練習したりすることも出来、当日スムーズに実践できたと思います。

その他にも、こちらの産院で出産して良かったと思ったことは、助産師さんなどのスタッフの皆さんが、陣痛のときに一緒に頑張ってくださったことです。微弱陣痛だったため、自分が思っていたよりも出産まで時間がかかり、弱音をはいたり、イライラしてしまったり…。
そんな中助産師さん等がはげましてくださったり、支えてくれたりして何とか耐えることが出来ました。また、分娩台に移動してからはあっというまで、陣痛中に何度も何度も内診してもらったおかげだったんだと実感しました。陣痛促進剤や帝王切開はせず、皆さんに一緒に頑張っていただいたおかげで、傷も少なく回復も早く、本当に感謝しております。

退院後は不安なことばかりですが、調乳やオムツ交換、沐浴のやり方等様々なことを考えていただけたので、少し自信がつきました。

検診~退院までを思い返してみると、本当に北原産婦人科でお世話になって良かったなと心から思います!!!
今後、もし第二子を授かることがあれば、またこちらでお願いしたいです。
(我が子があまりにも可愛く、出産のつらさもふきとび、すぐに二人目が欲しいです…笑)

皆様、本当に本当にありがとうございました!!

P.S.噂どおり、入院中のご飯がとても美味しかったです。

2018年10月 第4子 女の子

今回4度目の出産で、上の3人は他の病院でしたが今回友達のすすめで北原さんに決めました。
予定日を1週間過ぎた検診の日、NSTをつけたら赤ちゃんの心拍が一度落ちた時があったので念のため入院して赤ちゃんの様子をみることになりました。
陣痛ぽい痛みも少しあったので最小限の促進剤を入れて、エンジンがかかれば一気にお産になるかも?!と点滴を始めますが、痛みも強まらず一旦やめることに…。
この時点で子宮口は6cmでした。やめてから少しずつ強まってきた感じはしましたが、3番目の子を産んだ時の痛みを思い出し、まだまだこんなもんじゃなかったはず…。
それに、2、3番目の子の出産が3~4時間だったので今回も一気に強くなってスピード出産!!と勝手に思っていたので、お家のことも心配で、一度帰りたいような、いや、産んで帰りたいような…いつまでなんだろうとあせってきました。
そんな間も助産師さんが子宮口をマッサージしてくださったり、陣痛の時ひざをかかえこむようにすると赤ちゃんがおしりの方にいきやすいよ、などとアドバイスを下さり今までの病院では、子宮口が〇〇cmということしか教えてもらっていなかったので、痛みにたえる以外にできることがあるのかとおどろきました。
破水してからは痛みがどんどん強くなっていきましたが、5分間隔から変わらないし赤ちゃんの位置もまだ上の方でプカプカしているとのことでした。
1時間後にまたみますね、と言われた後から猛烈に痛くなってきて、30分過ぎたところで夫がナースコール押そうか?ときいてきましたが、5分間隔から変わっていないし「まだ」だったらまた気が遠くなるので0時になるまで頑張るから大丈夫と言って5分おきにくる陣痛が0時までだとあと6回か…と息をはくことだけに集中していましたが、45分になった時、もう夫が勝手に押していました。そしたら一気にすすんでいて分娩台に行くことに…。立会い出産も4回目なので、夫も産まれてくるのがわかったのでしょうか(笑)
「痛い」とも何も言っていないのに。
分娩台ではもう思いきりいきむだけでした。
でも最後まで5分間隔は変わらず。頭がはさまった感じのままストップと言われ、力をぬいて息をはいてねーと言われてまたびっくり!!スポーンと産むのかと思っていたので力のぬき方が難しかったですが、少しずつ少しずつ赤ちゃんが出てきてくれているのがわかり、達成感でいっぱいになりました。
さらに夫がへその緒を切らせてもらったり、とにかく今までのお産と全然違ったので、お腹に赤ちゃんをのせてもらった時は感動でした。
すると夫が「え?女の子?」と言い、そういえば。と思って見るとビックリ!!!!
勝手に男の子かなと思って妊娠中過ごしていたので、名前も男の子の名前で決定していたものがあったし、本当に驚きました。
妊娠するまでは女の子を育ててみないなあなんて思っていましたが、妊娠してからはあまり性別は気にならなかったし、とにかくまわりが「どっちなの?」と聞いてきましたが、北原さんだったのでそんなことよりも1つの命を大切育てることに集中させてもらえたのかなと思います。
びっくりしたのは、入院中の授乳についてもでした。前に産んだ産院は、沢山赤ちゃんがいたので、スケジュール表に合わせて、下の階にある授乳室に赤ちゃんをベッドにのせて(産後急に倒れたりすることもあるので赤ちゃんを抱いて廊下などをウロウロするのは禁止でした)みんなでゾロゾロ移動して、とにかく忙しかったので、個々の時間に合わせてお部屋に来てくれて丁寧にみて下さるのはとても嬉しかったです。夜中でも授乳のたびに来てくれて本当に感謝しています。赤ちゃんは昼間はほとんど寝ていて、夜中に泣きやまなかったり、助けてもらいたかったり不安に思うので、とても心強かったです。
上の子3人を産んで何か不満があって今回産院を変えたわけではありませんでしたが、最後になるであろうお産を北原産婦人科で経験できたこと、助産師さん達と出会えたこと、とても嬉しく思います。

院長先生の言葉通り、私は4人の子どもの親になる幸せを神様からもらったので、感謝して大切に愛情いっぱい育てていきたいと思います。
帰ったらまたすぐ鬼ババのような母ちゃんになってしまいますが(笑)
1度きりの子育て、思いきり楽しみたいです!

ありがとうございました。

2018年10月29日 第1子 男の子

北原産婦人科の先生、助産師さん、看護師さん、スタッフのみなさん、大変お世話になりました。

里帰り出産を決めて産院を探していたところ、地元の友達から「先生は口数少ないけど、助産師さん優しいし、ご飯が美味しいよ。」と聞き、北原産婦人科で出産することを決めました。

32週からこちらでお世話になりましたが、里帰り前の産院よりとても丁寧に説明をしてくださり「口数少なくないじゃん、丁寧に説明してくれるじゃん!」と思い、妊娠後期を安心して過ごすことができました。

9か月を過ぎても逆子がなおらず、なおらなかった場合のことを聞いた時「なおることだけを考える!」と言われ、気持ちでなおるの?!と思いながらも、なおることだけを考え、逆子体操を頑張ったおかげか無事に逆子がなおりました!

予定日を過ぎて破水をし陣痛がきて不安でしたが、陣痛中「体うねらないよ。赤ちゃんが苦しいよー、息大きくはいてー!」という声をかけてくださり、腰が砕けそうな痛みでしたが、痛みに耐えることができました。
必死過ぎて陣痛中のことはあまりよく覚えていませんが「息大きくはいてー!」という声で頑張れました。
分娩室に移ってからは「あと少しで産まれるんだ!」と気持ちになり、お腹をグイグイ押されて痛かったですが、無事出産することができました。

入院中も赤ちゃんの頭のケガのこと、感染症のこと、黄疸のことを不安にならないように説明してくださり、また授乳もサポートしていただき、ここで出産して良かった!と思いました。
退院後の生活の説明も夫と一緒に聞けて良かったです。「わからないことがあったら、ここに電話して」と言っていただき、心強かったです。

もし2人目を授かることができたら、また北原産婦人科で出産したいと思っております。
その時は体重管理を頑張りたいです。(さすがに太り過ぎた)

本当に本当にありがとうございました。

2018年10月24日 第2子 女の子

北原産婦人科の院長先生、助産師さん、看護師さん…他スタッフの方々、大変お世話になりました。ありがとうございました。

第一子のときは、里帰りで九州で産みましたが、今回上の子の幼稚園通園を考え、千葉で産むことにしました。子どもが一緒に泊まれること、立会いができることなどから北原産婦人科に決めました。この病院で産むことができて良かったなあと思っています。

院長先生は、質問するたびに厳しい答えが返ってきたり「妊婦は散歩したりしないでじっとしていなさい!」というお考えだったり、「歩きなさい。運動しなさい。」と言われ続けた上の子の時の産院との違いに最初のうちは戸惑うことばかりでした。

でも、検診へ何度も通ったり母親学級を受けると、院長先生はおなかの赤ちゃんのことを一番に考えて下さっているんだなあ…私がおなかの赤ちゃんを守らなくてはいけないんだなあと実感しました。また、臨月なのに逆子が直らず「なおらなかったら帝王切開ですか…?」と聞いた時「なおらなかったらじゃないよ。なおすって気持ち、なおるんだって気持ちです。」と言われ、院長先生のハンドパワー(外回転術)のおかげもあり、無事ギリギリで逆子はなおりました。検診のたびに、何回も外回転術を試みて下さり、院長先生の力でくるっと回るのが痛かったけれど、不思議でとても驚きました!本当にありがとうございました。

助産師さん看護師さんには、陣痛中も入院中も、本当に本当に感謝しています。
陣痛中、痛くて痛くてたまらない時に励まして下さり、グイグイ子宮口を広げる?サポートをして下さったり、赤ちゃんがおりてきやすい姿勢、体勢をその都度教えて下さったり「赤ちゃんが下りてくる」「出てこようとしている」ということのイメージがとてもしやすかったです。
ここでもハンドパワーで赤ちゃんの頭の位置を修正して頂き、どんどんお産が進み、痛みもどんどん強くなりスポーン!!と生まれて来てくれました。
「大丈夫なんだ」って思えるような安心する言葉をかけて頂いたり「こうすると赤ちゃんがおりてきやすいから」とイメージしやすいような的確な言葉をかけて頂けることが、本当に心強かったです。本当に本当に本当にありがとうございました。

産後のガチガチおっぱいも、助産師さん看護師さんのハンドパワーのおかげで、本当に楽になりました。退院後も教えて頂いたSMC頑張って続けていきます。
感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

2018年10月1日 第2子 女の子

1人目は里帰り前までお世話になりました。2人目を妊娠し、千葉で産むことを決めたとき、ここで産もう!即決でした。
上の子を連れての健診だったのでキッズスペースはとても助かりました。

上の子が1日生まれなので、1日かなー嵐の中だななんて言ってたら本当に台風の中生まれてきました。

ギャーギャー騒ぎながらのお産で恥ずかしいばかりでしたが、産後の体の軽さにびっくりしたり、母乳へのケアを丁寧にしていただいたり...と、1人目のときになかったことであのとき知りたかった...となったり。笑

入院中に教わったことを思い出せば、これからも楽しく子どもたちとすごせそうです。

3人目があれば また お願いします。
ありがとうございました。

2018年9月28日 第2子女の子

こちらの病院にしたきっかけは、子どもが遊べる部屋があるのと、仕事をしている為、夕方診察してくれるところを探していたら、北原産婦人科にたどりつきました。前回のお産は、総合病院で産みましたが、たべたいものをその時たべてあまり体重の事は言われず、予定日を1週間すぎ促進剤をかけてもらい出産しました。今回は、少し増えた時、「なるべく増やさないように」と言われ、だいぶビビリました。すこし体重が減った時は、なんと!母子手帳に小さく赤丸をつけてくれました!!めちゃくちゃうれしかったです。単純な私は、なるべく増えない様に頑張り、妊娠確定日の体重から約5kgですみました!!
お産当日は、不規則に陣痛があり、AM10:00頃に規則的になり、病院にtel。
「入院セットを持ってきて下さい」と指示があったので、娘をおばあちゃんの隣で寝かせ、パパと出発。陣痛室に横になり診察してもらうと、子宮口が8cm程!!
痛みもありましたが、まだ歩ける程、分娩台に乗り、頭がはまった時、いたみがMAX。
看ゴ師さんに「赤ちゃんも頑張ってるから」と喝を入れてもらい冷静になりかけましたが、いたすぎて、たくさんいきみました...出てきた赤ちゃんは女の子で、周りから男の子と言われ続けたので、まさかだったケド、私の子には変わりがないので、たくさんたくさん愛情かけて育てていきたいと思います。

検診でお世話になった看ゴ師さん、分娩で取り上げてくれた助産師さん、切れたキズをぬってくれたまさかの佐藤先生、そして、院長の北原先生、ここで出産ができて本当によかったと思います。ありがとうございました。

ゆったりとした雰囲気、暖かいごはん、気持ちが落ちつきます。
エステ初体験!!顔がツルツルになりました。
ありがとうございました。

2018年9月27日 第1子 男の子

里帰り出産で実家から近く、遅い時間まで診察をしてる日があるのが魅力で北原さんを選びました。
予定日から1週間前のAM6:00ごろトイレに行ったところ出血していることに気付きました。
慌てて病院に電話したところ少し家で様子を見ようということになり、1時間くらい横になっていると、いつもと違うお腹の痛さが...
間隔を測っていると既に5分間隔に!!
初産だったのでいきなりの5分間隔にびっくりしつつ病院に行くことになりました。
9時頃病院に着き、夕方までには産まれるかもね~、なんて言われているうちにどんどん痛さが増していってこんなのがあと何時間も続くのかと思うと恐怖でした(笑)が、あっという間に子宮口が全開に!
立会い出産希望だったので夫に連絡はしていましたが、病院に来てから4時間とまさかのスピード出産で、間に合わず、立会いはできませんでしたが、助産師さんが手を握ってくれてとても心強かったです。
入院3日目くらいから胸が張ってしまい、マッサージをしてくれたり、親身になってくれたスタッフの方にはとても感謝していますし、北原さんで出産してよかったと思いました。
全てのことが初めてで不安もありましたが、ストレスを感じることなく入院生活を送ることが出来ました。
是非2人目を授かることが出来たらまた北原さんにお世話になりたいと思いました。

2018年9月22日 第2子 男の子

「産婦人科 どこ行ってるの?」
「北原さんだよ」
「体重厳しいでしょ!?」「男女教えてくれないんだよね!?」
北原さんの名前を出すと、毎回この会話です。笑

母親学級の際、院長先生のお話を伺い、妊娠すること、健康でうまれてくること、それら自体が本当に奇跡なのだということを改めて思い知りました。
...が、やはり男か女かは気になるもの。毎回のエコーにそれらしきモノが映らないか目を凝らしていましたが、素人には分かるわけもなく...。
無事にうまれて、私の腕の上に赤ちゃんが来た時に、おちんちんが見えて、「男の子だぁ~」と思わず叫んでしまいました。笑

妊娠中は特に変わりなく過ごせましたが、キツかったのは体重制限...。
食べることが大好きな私...。初回の健診で上限が決められ、
「あと○○kg!!」と明記されていたのにはビックリでした。笑
1人目の時は里帰りということもあり、体重をきにせずたくさん食べていたらプラス10kg以上。そのせいか、お産に40時間以上かかり、微弱陣痛のため促進剤投与しての出産、ととても大変でした。
一方、今回は体重制限が効いたのか、病院到着から5時間半と、1人目に比べたらとてもスムーズなお産となりました。

また、今回の出産で一番印象に残っているのは、助産師さんの言葉です。
病院に到着して、ベッドに横になると、「病院に着いたからね~。ママ頑張るからね~」と、私のお腹をなでながら、優しくお腹の中の赤ちゃんに声をかけてくださりました。正直、私はお腹に向かって話しかけることがなんだか気恥ずかしくて、妊娠中あまり声をかけていませんでした。ですが、助産師さんのはじめのひとことで、「そうだ!お腹の子と一緒に頑張るんだ!」と思い、傷みや張りが来た時には、「がんばれー!がんばれー!母さんもがんばるー!!」と話しかけながら陣痛を乗り切ることができました。

2人目の妊娠、出産ということもあり、ほんの少しだけ余裕はありましたが、
「あれはダメ。これは大丈夫。」とハッキリと的確に指導、指示してくださる先生や助産師さんがいる、北原産婦人科で、通院、出産ができて、本当に良かったと思います。
繰り返しますが、体重制限がキツかったし!おなかいっぱい食べられずストレスもたまりましたが、私にとって、良いお産となりました。本当にありがとうございました。

2018年9月22日 第2子 男の子

先生方、スタッフの皆様、大変お世話になりました。

子連れ入院ができる事、友達が何人もここで産んでいてオススメされて北原さんに決めました。

体重管理がきびしい、怖い、と色んな事を聞いてはいましたが
全部ひっくるめて、ママ、赤ちゃんの事をすごく大事におもっている先生だなと思いました。

出産の時は、陣痛だと思い夜来たものの、遠のいてしまい朝帰ろっか~って話していたのに朝きせき的に陣痛が来ました。
そこからは本当に長くて間かくは短くならないのに痛みだけはすごくて本当につらかった...
でも助産師さんのスパルタのおかげでどんどん子宮口も開いて間かくも短くなっていっていざ分娩室へ!!
沢山サポートしてもらって無事に元気なBIGベイビーを産む事がでました。

産んだあともみなさんのスパルタのおかげで後陣痛もすぐにおさまり、おっぱいのしこりもどんどんなくなりました。

最初は痛いけど長々と痛みが続く事がなかったのはみなさんのおかげです。

本当にありがとうございました!!
北原さんで産めてよかったです。

2018年9月17日 第3子 男の子

院長先生、スタッフの皆様には大変お世話になりました。
上2人は里帰りだったため、3人目で初めて北原で産みました。
北原で産めて良かったと心から思っています。
陣痛~退院時まで、本当に様々な事を指導していただきました。
陣痛が強くなるのを待つ間は丸まって意識をお尻の方に向けてというのが最初のアドバイスです。そんなことはじめて言われた!(もっと早く知りたかった!)というのが本音ですが、ただ「痛い...」と時間の流れを待つよりも全然ラクでした!息を止めずに呼吸をすることは意識していたのですが、分娩台に上がって、さぁもう出るぞというところで、やっといきめる!と思ったら、「もう赤ちゃん自然に出てくるから、いきまないでー。」と言われ、
最後の最後でもいきまないんかーい!と正直おどろきました。
でも、こんなにも陣痛~出産までの間、時の流れを噛み締めながら過ごしたのははじめてです。こんなにも鮮明に記憶に残るなんて感動です!!

赤ちゃんが出て、胎盤が出た後はウワサ通りの院長のお腹ぐるぐる攻撃が待っていました。「あ゛~...」と声にならない声が出ます。麻酔なしで会陰を縫い始めた時にはさすがに叫びましたが、2日後には院長の手腕におどろくことになります。子宮の戻りも早いし、悪露もダラダラと出続けないし、会陰の傷の腫れも今までで一番少ない!産後の体の回復が、3人目なのに今までで一番早いです。スバラシイ!!

そして我が子、おっぱいを飲むのが極端に下手&すぐに寝ちゃうという問題児で、この点でもスタッフの方々に助けていただきました!新生児の事ってよく分からないし、上の子達の記憶(先入観)もあるので、1回言われただけではピンとこなかったことも、何度も丁寧に説明して下さり、頭の悪い私にも理解できました。
日勤の方、夜勤の方が毎回様々な方法で工夫しながら授乳のお手伝いをして下さり、なんとか退院までには不安を残すことなく授乳できるようになりました。お世話になった皆様、本当にありがとうございました!!

2018年9月17日 第2子 女の子

1人目の時はつわりがひどく、2人目はそうでないことを願っての待望の妊娠でしたが、1人目と同様につらく、しかも今年の夏は暑すぎて元気すぎる2才児の相手をしながら、大変な妊娠生活でした。
最後の1週間は意外と元気で、まだまだだろうと思っていた時、
予定日前夜の21時半ごろ陣痛が来ました。予定日に生まれる確率はとても低いと聞いていたので、最初は信じられなかったのですが、最近忙しくて全然平日は早く帰ってこれないパパがいてくれたおかげで、手遅れになる前に病院につくことができました!
病院についてからはあっという間で、すでに子宮口6cmでしたが、言われた通りにするだけで、どんどんお産が進むので、ついていくのがやっとな感じでした。(笑)
分娩台にあがってからは、北原先生も一緒になって声をかけてくださり、経過が早すぎてけっこうパニック状態だったのですが、なんとかがんばることができました。両親学級の時に、聞いていた、声を出さないとか、力を入れないとか、ひっひっふーとか、全然うまくできなくてちょっとくやしかったですが、病院に到着後、1時間以内での出産でした。
我が子を見た瞬間、本当にかわいくて、元気でスピーディーに生まれてきてくれたことに本当に本当にありがとう!!と思いました。主人も1人目の時(別の病院でした)より距離もちかく、とても感動したと言っていました。タイミングばっちりで、ちょうどよい時に生まれてくれて、今思うと、つらかった妊娠生活も、「ママもう少し休んで」という娘からのメッセージだったのかなと、お腹に来てくれたその日から、ママのことちゃんとわかってくれていたのかなと思いました。お腹の中で私とつながっていてくれたこと、胎動を感じていたこと、ずっと忘れないでいようと思いました。

入院中は、快適なお部屋で、赤ちゃんと2人のんびりすごすことができました。
母乳のケアだけでなく、上の子との接し方までたくさんアドバイスをくれて、今のところ不安はなく明日の退院を迎えられそうです。
みなさんとてもあたたかくて、もし退院後に何かあっても、すぐ聞きに来ちゃおう!と思えるような空間でした。
上の子と2人で遊ぶ時間を作ってくれたり、いろいろと要望も聞いて下さりありがとうございました。

<要望など> 赤ちゃんをあずけても、お部屋に赤ちゃんだけが残されていて誰もいないので、少し不安でした。
母乳だけでやっていきたいと伝え、あずけた際2回迎えに行っても不在で、3回目に行った時にミルクをあげられていました。全然飲まなかったと言われましたが、すごくショックでした。その後はほとんどあずけてはないですが、あずけるのが怖くなりました。
ごはんは少しものたりないと思う時がありました。もう少し野菜も欲しかった。
おやつはそんなに甘くないものも出していただけたら嬉しいです。
あと化学調味料が入ったしょうゆやトランス脂肪酸の入ったパンなど、食品添加物が気になりました。

いろいろ書きましたが、こちらで今回お世話をしていただいたこと、感謝しています。家に帰ってからの4人家族生活、楽しみですが、絶対大変ですよね。(笑)それが始まる前にゆっくりさせていただけて、本当によかったです。母乳もおちつくまで大変そうですが、教えていただいた通りにがんばろうと思います!
2週間健診でまた来るときが楽しみです!

お世話になりました。ありがとうございました!!

2018年9月16日 第2子 女の子

第1子の出産した病院でひどい扱いをされ、第2子の時には同じ思い出をされたくなかったため 北原さんに変えました。
病院を変えて正解でした。

切迫早産を診断され 37週まで入院しました。
入院している間、その日の体調によって素早く対応してくださる staffさんのおかげさまで安心して過ごせました。点滴を抜いたらすぐ産まれるかもと半冗談で37週0日になった日に退院しました。
しかし、夜中から陣痛が始まり、結局また病院へ...
皆さん、「お帰り~」と歓迎してくれました。半日の外出を得て..ただいまでした。(笑)

陣痛の痛みで険しい顔になりがちでしたが、主任の一言で心の平穏が訪れました。
「何で嫌な顔をするんですか?赤ちゃんは今、必死でママに会いたくて頑張っています。ありがとうと言うためにもママも頑張りましょう。」
その通りでした。痛みは当然くることであるが、赤ちゃんの気持ちなんて考えたことなかったです。
反省しました。

先生たちの助けで無事に出産。終わったとー安心感と共に娘を抱っこした時のありがたさ。
前回の出産では味わえなかったことでした。

入院中(産後)でもstaffさんたちの連携がうまくできて、私と子供の状況を皆さん把握し、適切な対応と指導がありました。そのおかげ様で子供は体重は減らず元気で過ごせました。
本当に安心して居られました。できたらもっとここに居させていただきたいぐらいです。

上の子を育児する時には、右も左も分からなかったため、何でも必死でした。
今振り替えてみれば、そこまでしなくてもいいのではなかったかもと思う時もあります。
側でアドバイスしてくれる専門家がいれば肩の力は抜けたかもとよくよく思いました。
出産も育児も大事なことは余裕を持つことだと思います。北原さんにての出産は、この考えを完成させてくれた所だと私は強く思っています。Staffさんの一言一言が余裕を持たせてくれました。本当に感謝します。
ありがとうございました。

2018年9月15日 女の子

上の子がまだ1歳と小さかったため、子連れ入院ができる病院をインターネットで探して、お世話になることにしました。
病院がかわり、しかも子連れということで入院生活もどのようになるのかと不安でいっぱいでした。しかし、知り合いの人が、この病院で出産し、とてもよかったと聞いたので少し安心しました。
上の子の病院では、体重についてはあまり言われることもなく出産まですごしたので、はじめは体重管理がとてもキツいなぁと思ってしまいました。しかし、しっかり体重を管理してもらったおかげか、上の子の時は、陣痛がきてから入院し、そこから出産まで3日もかかってしまいすごく苦しい思いをしたのですが、今回は朝起きてから何か痛いなと感じはじめ、病院に着いたのが9時頃、そこからあれよあれよで9時51分には出産することができました。陣痛中も的確なアドバイスや誘導をしていただいたおかげで苦しむ時間が短くてすみました。(今回も1日以上はかかるかなと思っていたので家族みんなびっくりです)

入院中は、みなさん上の子にとても優しくしていただいて、この病院で出産できて本当によかったと思います。1人1人にあったきめ細やかな指導、そして上の子の様子まで考慮していただいての入院生活、家に帰ってもなんとかやっていけそうという自信がつきました。
食事もとてもおいしく、上の子の食事は大好きなアンパンマンやかわいいキャラクターの食器やアイテム、食べやすいサイズにしてくれて、毎回食事が運ばれてくる度に、息子は大興奮でした。
和室は家族でいると何だか家の中のようですごくホッとできる病室でした。
知り合いにもぜひオススメしたい病院です。

院長先生をはじめ、スタッフの方々には大変お世話になりました。
この病院で出産することができてとても幸せです。
ありがとうございました。

2018年9月13日 第2子 男の子

北原産婦人科の皆様、この度は大変お世話になりました。
通院中は 体のことや胎児のことで 不安なこともありましたが、看護師さんはいつも詳しく説明してくださり、院長先生もエコーで丁寧にお伝えしてくださり 健診後は いつも安心して 帰ることができました。
出産の時は 夕方から急に陣痛がきて 夜の入院時には 最初から 1人で過ごすことに不安は ありましたが 助産師さんが細かく教えてくださったり 気にかけていただき あの激痛の時間を泣かずに乗り越えることができました。
今回は羊水が通常の3倍近くあったようで 思ったより分娩時間も長く 必死にいきんでも なかなか出てこなくて どうなることかと思いましたが 手厚くサポートしていただき 無事 元気な産声をきけた時は本当に安心しました。

人生最大!?の大仕事の後の入院生活はとても快適に過ごさせていただきました。毎日の食事やおやつが本当においしくて 毎回おいしくいただきました。同じ食事が食べられるお店があったら食べにいきたいです。ごちそうさまでした。
経産婦とはいえ 体のことや赤ちゃんのこと、母乳のことなど わからないことや不安なことも いろいろありましたが 皆さん親切に丁寧に教えてくださり感謝しています。私もできれば母乳で育てたいと思っていたので 母乳の指導を細かくしていただき 今の状況で一番いい方法も教えてもらえて 初めて知ることも多く驚きました。前回は自分で調べた知識でなんとなく授乳していたので トラブルもあり 授乳の時間を苦痛に感じてしまうこともありましたが 短時間で効率よくあげる方法が知れてよかったです。また退院後もサポートしていただけるということで 安心しました。
実家からも近く通いやすいという理由でこちらの産院を選びましたが 本当にこちらを選んでよかったです。ありがとうございました。

2018年9月12日 第1子 女の子

自宅から近く、ご飯が美味しいからという理由で北原産婦人科を受診しました。

すべての事が初めてで不安だらけでした。
検診ではこれが心臓、胃、膀胱、大腿骨、大動脈、胎盤、お腹の断面、何gです。と毎回教えて頂き最後に必ず「順調です!」と院長先生のその言葉で毎回「良かった!ちゃんと赤ちゃん成長してる」と実感でき、とても嬉しく、安心して帰宅する事が出来ました!

初めての出産でよく鼻からスイカが出るくらい痛いって聞いてたんですが自分が思っていたよりも全く痛くなく、助産婦さんの言われた通り無我夢中でやたら凄く褒めて頂き早く赤ちゃんが出てきてくれました。ありがとうございました。

色々な事情があり看護師さん、助産師さんが親身になって相談に乗って下さりとても心強かったです。
ありがとうございました。

毎日、毎食写真を撮るくらいご飯が美味しく、メニューが豊富なのでレシピ真似させて頂きたいと思います!
ありがとうございました。

北原産婦人科の皆様お世話になりました!
ありがとうございました。
育児頑張ります!!!!

2018年9月10日 第1子 女の子

いつも周期通りに来ていた生理が、40日遅れて来る、60日遅れて来ると乱れてしまい、他院に診察してもらったところ「次もこんな感じなら、排卵促進剤」と言われました。
ついに私も不妊治療かと思いながらも、念のため、妊娠検査薬を試した結果、なんと妊娠!
何の検査もしないで、排卵促進剤だそうとするような病院なんて絶対行きたくない!!と思い、急ぎ産婦人科をさがしました。土地勘がない為、家から近いという理由と、口コミの良さから北原さんを選びましたが、こちらで出産できて本当によかったです。
初めて赤ちゃんの心拍をきいた時は感動して涙がでたのを覚えています。
それから10ヶ月は本当に不安の
連続でした。食べ物に敏感になってみたり、風疹が流行ったり、足のむくみなどなど。
でも、院長の「順調です」をきくたびに安心しました。
そして毎回最後に「何か質問ありますか。」と聞いてくれるので、不安な気持ちが解消されました。
また何よりよかったのは、体重制限です。自分に甘々な私は、上限体重を0.5オーバーしたのですが、それでも他院で何も言われてなかったら、もっとぶくぶく太っていたのだと思います。
でも体重をどんなに気をつけても、お肉がどこにつくのかは誰にもわからないものですね。
私はすべて産道についたみたいで、肉産道をつくっていました。
そのせいで、陣痛が弱く、なかなか赤ちゃんにあえるまで時間がかかりました。
痛みにもとことん弱い私。出産日のことを思い出すと、今でも痛くなりそうです。
産休に入り、すっかり乱れた生活を送っていた私は、朝と夜が反対になっていました。
予定日がちかづきつつも、陣痛の予兆もなかったので「このままずっと妊婦だったら世界仰天ニュースにでられるかも」なんて、くだらないラインを夜中中して朝になり、少しでも寝ようかと思っていたら、懐かしい生理2日目のような痛みが!
でもまさかこれが陣痛とは思わず、また寝ようとベッドに横になるも、いつもと違う張りで眠いのに眠れず、何度かトイレに行っていたら、ピンク色のおしるしが!
生理痛のような痛みも10分間隔になってきて、そんな状態が3時間たったころ、完全なるおしるしが来て、陣痛とようやく理解しました。
病院に連絡するのは1分間隔になってからと書いてあったのですが、5分間隔のとき痛すぎてついに電話しました。みてくれることになって急いで行くと、子宮口3cm即入院になりました。でも一睡もしていないせいで、陣痛が進まず、お昼に入院したはずなのに、夕方4時まで子宮口3cmのままでした。
肉産道の上に体もかたく、赤ちゃんがおりてくる体勢をとるのにも苦労しましたが、体勢のおかげで、子宮口も8時には6cmになり、11時には9cmなかなか破水せず、分娩室に入ってからの破水でした。分娩室に入っても陣痛が4分間隔で、一時は促進剤という話もでましたが、使わず産むことができました。
院長はじめ助産師さん、その他スタッフの皆様、ありがとうございました。

2018年8月28日 第2子 女の子

第1子は週末通える利便性を重視し、他院で検診し里帰り出産しました。
今回第1子の保育園の都合で千葉で産むことになったとき、ママ友の「北原さんはここで産んで良かったと思える病院だよ」という言葉がきっかけで第2子の出産をここに決めました。
院長先生の命を大切にされている所には安心して我が子を任せられると感じました。
第1子の出産は地元では一番人気のある産院でした。そこで第1子を出産直後、分娩室で経過観察をしているとき、「出血多量で何かあるといけないので大学病院に行って精密検査を受けないか」ということになり、救急車で搬送されました。産んだ直後から母子別々の病院での生活がスタートしました。
出産数日後、突然両胸が岩のように固くなり熱を帯び保冷剤で冷やすも訳がわからず。大学病院なのもあってトラブルを抱えた人たちとの大部屋での生活、食事も楽しみに待つようなものではなかったし、搬送先での精密検査、手術代、入院費は分娩費とは別途のため、出産後に想定外の費用がかかることとなりました。なので、母乳トラブルが発生しても産んでない為別途費用がかかると言われ、説明だけ受け自分で対応することを選びました。そんな辛い思い出ばかりの第1子出産だったので、後期講座で聞いた「分娩室に移動するまではいきまない」を実践するが如く、一人で陣痛に耐える間は壁に手をあて、ろうそくを消すように手に息をはくことに意識を集中し痛みを意識から消すことに成功しました(10分間隔の間だけは)
意識の限り耐えたことがあってか、今回は出血の少ないお産になり、産後に余力がありました。
綺麗な部屋に、美味しいご飯。深夜にまで渡る母乳指導には驚きました。そして退院後もフォローして頂けるとか!? 文句なしの産後生活をおくることが出来ました。北原さんにして良かった!
全てはスタッフの皆様のお陰です。ありがとうございました。

2018年8月27日第2子 男の子

第1子は里帰り出産でしたが今回は上の子が保育園もあるので家から比較的近く、ご近所さんがこちらでお世話になった事があり評判が良かったので、北原産婦人科さんでお世話になることにしました。
妊婦健診では体重管理が厳しく赤ちゃんの性別も教えてくれませんが院長先生が毎回言ってくれる順調ですの言葉を聞いて安心していました。たまに上の子を連れて健診に来ていましたが、上の子を連れて健診に来ている方が結構たくさんいてさらにキッズルームもあり、上の子を連れて来やすい雰囲気で助かりました。
診察の最後に院長先生が上の子にバイバイと毎回手を振ってくれて本当に子どもが好きなんだろうなと感じました。
出産時はPM6:30頃陣痛かもと思う痛みがあり、PM9:00頃病院に着きPM11:09に出産というかなりの安産でした。分娩室に入る前に遠くから上の子のママがんばれという声が聞こえ、陣痛に耐えながらもとてもホッコリしました。そのおかげか、赤ちゃんはまだ頭しか出てないのに泣き始め、助産師さんと看護師さんと旦那と最後は笑いながら出産しました。1人目の時は何もかもわからずとにかく必死でしたが、今回は冷静にいられたので心に余裕があり楽しく?出産できました。その後の入院生活では、助産師さんもとても優しく指導してくださり(オッパイマッサージはとても痛かったですが、、、)ご飯もとても美味しかったです。毎回完食でした。
最後に第2子をこちらで出産できて本当によかったです。
院長先生をはじめ、スタッフの皆さん、妊婦健診から退院まで大変お世話になりありがとうございました。

2018年8月26日 男の子

妊娠が分かり どこの病院が良いか迷っていたところご近所さんからこちらの評判を聞き
お世話になることにしました。
長男をつれての通院だったためプレイルームはすごく助かりました。診察は院長先生の口数は少ないけれど丁寧にみてくださりとても安心しました。
最初はまじめな先生のイメージでしたが 母親学級の時は とてもおちゃめで 笑いがとまらなくなってしまったことをとても良く覚えています。
お話もおもしろいだけでなく出産に対する先生方の思いがとても良く伝わってきました。
立ち合いをするしないにかかわらず旦那さんも母親学級のお話は聞いた方がいいなあと思いました。長男の出産が破水からはじまったため陣痛のはじまりが分かるのか不安だったのですが何かあったらすぐ来なさいという言葉にすごく安心しました。
入院中は母乳など丁寧にみていただき、また上の子の事など相談させていただきとても安心しました。黄疸のことでは沢山考えてくださり水分がとれるようにしていただきました。
食事はとてもおいしかったです。毎回すごくたのしむ事ができました。
院長先生 助産師さん看護師さんスタッフの皆様本当にありがとうございました。

2018年8月17日 第2子 女の子

初めてつわりの症状が出た時、家から近かったという理由で駆け込んだのが最初でした。
妊娠中も仕事、上の子の食事家事にと正直お腹の子に100%で向き合う時間が少なかった今回 そんな時33週で恐れていた切迫早産での入院。1人目の時も入院していた為安静生活は経験済みでしたが、今回はそれ以上に精神的に辛く37週に入る日まですごく長く感じました。入院生活では助産師さん達が毎日励ましてくれ、検診での先生の「順調です」に本当に救われていました!この1ヶ月で長女はたくさん言葉を覚え、主人は父親スキルがupして、私は赤ちゃんとの2人だけの時間をもらえ家族みんなにとって有意義な1ヶ月だったのかなと思います。
ついに迎えた37週0日。先生、助産師さん達の点滴抜いたら生まれるかもが現実に、、、
結局帰る間もなく陣痛に。その時も助産師さんがどうやったら赤ちゃんが出てきやすいかっていうことを第一に考えていらっしゃる姿を見て、私も赤ちゃんのために頑張ろうと内診で痛がってた自分に気合いをいれたのを覚えています。
破水後は痛さで少しパニックになりましたが、皆さんの冷静かつ適確な指示のおかげで無事に出産ができました生まれる瞬間ヘソの緒が切れる瞬間どれも感動的でした
1人目の時は産後骨盤がガタガタで歩けず、縫った傷も痛すぎて座れずその他にも色々トラウマでしたが、今回はすぐ歩け、すぐ座れ全く痛くない、、、!!こんなに快適なのかと驚いています。先生本当にありがとうごぞいます!
また授乳についても目からウロコなことばかりで、まだまだ軌道には乗りませんがなんとか心折れずに頑張りたいと思います。
長かった入院生活もいざ退院となると少し(だいぶ)寂しいです、、、
皆さんの仕事ぶり、心遣いに本当に助けられ我が子が生まれたこと、子供が大きくなったら伝えたいです。この度は大変お世話になりました!!!

2018年8月17日 第1子 男の子

″妊婦健診、母親学級、立ち合い学級、出産〟何もかもが初めて尽くしで不安もあれば、ほとんどが学ぶことばかりで、院長先生をはじめ、助産師さん、看護婦さん、婦長さんには大変お世話になりました...
北原産婦人科で通院、出産を決めた理由は、自宅から近かったのとネットでの口コミが良かったのと、院長先生の優しそうなお顔のお写真を見て(HPにて)、こちらで通院、出産を決めました。
妊婦健診では、毎度クールな院長先生でしたが、健診の最後で毎回、「順調です。」が、毎回の健診で聞けて、その一言だけでとても安心していました。
あれやこれやと言われるより、院長先生のように、キッパリと言って下さったおかげなのか、初めての妊娠生活であまり不安感抱くことなく、毎回我が子が元気で順調なので、安心してお産を迎える事が出来ました。
ただ、妊娠後期でふと、予定日通り産まれてくるんだろうか?と疑問になり健診の時になんとなく院長先生に聞いてみたら、予定日通りに産まれるなんてありえないし、あくまで目安ですとキッパリ答えて下さり、案の定、予定日より一週間前に出産し、正期産迎えてから、出産の心構えしていたので...お産の時、初産なのに、陣痛室滞在わずか1時間半、分娩室も滞在15分ほどでハイスピードスーパー安産で、正直自分でもびっくり仰天、思わず自分に感心していましたが、それも、先生、助産師さん達、立ち合いしてくれた主人のおかげでもあるし、何よりも誰よりも、ママと供に頑張った、我が子が一番頑張ってくれたおかげだと私は思います。そして、開けてびっくり玉手箱の赤ちゃんの性別。楽しいお産になりました(笑)
その後の入院生活でも、先生方には大変お世話になり、忙しい中、拷問並みの(笑)
スパルタ授乳指導もして下さり、とても為になりました。母乳で育てていきたいので日々入院中の授乳指導を思い出しながら、頑張ります。
”たった数ミリの小さな生命から、半年かけて大きく育っていく生命の神秘。本当に不思議。誕生した時の感動は一生忘れません。北原産婦人科で出産できて、本当によかったです!これからも、お世話になるかと思いますが、この度は院長先生、助産師さん、看護婦さん、婦長さん、本当にありがとうございました”
あと、入院中のお食事も美味しかったので、参考にしたいです。
初めての育児、頑張ります!

2018年8月12日 第2子 女の子

院長先生、スタッフの皆様、この度はお世話になりありがとうございました。
第1子の出産は他県で、こちらは土地勘もなく、なんとなく近かったので、こちらの病院を受診しました。院長先生の印象は口数少なく、ちょっとこわい印象で、正直自分には向いてない病院かなぁ..とはじめは思っていました。でも母親学級を受けて、その印象はガラリと変わりました。とっても、赤ちゃんへの思いが強い先生で、ただきびしいだけではなく、きちんと理由を教えて下さって、ママと赤ちゃんのことをすごく大事に想って下さるからこそのきびしさで、とっても優しい先生だなと思いました。
そして、お話もとても上手で、2回目の母親学級も待ち遠しかったです。
私は、つわりがおさまってから、体重増加を注意され、なかなか減らず、辛かったのもありますが、他の産院では、ここまできびしく言って下さるところも少ないと思います。でも、母親学級をうけていたから、ここまできびしく言われるからには理由があるんだなと思い、頑張れました。お陰様で、一回目では促進剤での出産だったのに、今回は予定日ぴったり、夜中に陣痛がきてから2時間半での出産となりました。産後の体の痛さ、辛さも1回目と比較にならないぐらい楽です。本当に感謝しています。

ここで産めたことを一生忘れず、大事に育てていきたいと思います。
ありがとうございました。

2018年8月11日 第2子 男の子

この度は大変お世話になり ありがとうございました。
一人目は他県での出産でしたが、今回子連れ入院可能な病院を探して北原さんに辿り着きました。あまり土地勘もなく、自宅からもっと近い産院もあった中で、北原さんに決めた自分の直感をホメてあげたいです 笑。 それくらい、ここへ決めて大成功でした。
院長先生には、先に母親学級を受けてから診察していただいたので、テンションの違い?に少しびっくりしましたが、上の子にも声をかけていただいたり、出産時の「おめでとうございます」の言葉がとても心がこもっていて嬉しかったです。 予定日より16日早く陣痛が始まり破水。
一人目は促進剤使ってトラウマになる程痛かったので、今回とてもビクビクしてしまってましたが、担当していただいた助産師さんお二人が不安をふきとばす明るい笑顔と声かけで誘導して下さったので、前向きな気持ちに切替えることができました。どの方も本当に、赤ちゃんとママのことを親身になって考えて下さるので、居心地良かったです。おっぱいマッサージは容赦なさすぎて激痛で笑ってしまいましたが、お陰で復活しました!
トラウマすぎて2人でいいかな...と思ってましたが、今回4時間程の安産だったのもあり、3人目を授かれたら...と思い初めています。その際はまたお世話になりたいです。
本当にありがとうございました。

2018年8月9日 第1子 男の子

北原産婦人科の皆様、本当にお世話になりました。

一度「妊娠は難しい」と言われていた私。検査薬で陽性がでて、すぐに他院に行きましたが、行くのが早すぎたのでしょう。エコーには何も映らず...。
「何もいないけどね」と言われてしまった事がショックで、ずっと泣いていました。
あきらめられず、こちらの病院へ。初めて来た時は、エコーにはまだ何も映りませんでしたが、院長先生が「そういう時期。次は見えますよ」と言ってくれ、その一言にものすごく救われました。2度目、「今日は見えましたよ!」の言葉が嬉しくて、幸せで。絶対にここで産もう!と決めました。妊娠した時、主人と性別は聞かない、と決めていたので、性別をお楽しみにする方針もありがたく、生命に日々感謝していました。検診では、体重制限にヒヤヒヤ、内診にビクビク...そんな未熟な私にも、時に厳しく、そして優しく親身に話をし、聞き、支えて下さり、安心してすごすことができました。
母親学級の内容も心打たれるものばかりで、不安もありましたが、生命と向き合う大切さを改めて知りました。
陣痛はもう...とにかく痛くて痛くて。でも はげまされ、厳しい言葉もいただきながら「生むんだ!生みたかったんだ!」と覚悟を決めたらすぐに出産。早かった...。
回復もびっくりする程早く、先生方のていねいなケアに感動しました。

産声を聞いた時の嬉しさ、主人の涙...一生忘れません。
そして思わず言ってしまった、「先生、私 幸せです」に、嬉しそうに笑って下さった院長先生、助産師さん、看護師さん...
本当に、ここで産んで良かったです。そして、「あなたはもう、3人でも4人でも産めるよ」の一言も本当に嬉しかったです。

好きな人と結婚し、子供を授かり、元気に産むことができました。それ以上の幸せがあるのか!!
本当に本当にありがとうございました。北原だからできたお産でした。

2018年8月7日 第1子 男の子

今、こうして目の前に元気に泣く我が子がいる現実に、心から幸せだと思っています。
妊娠中、辛い事や苦しい事がいっぱいありましたが、健診に来るたびに大きく成長していること、先生の「順調です。」の一言に毎回とても安心しました。39週に入り、レントゲンの検査結果から急遽、帝王切開での出産になりすごく動揺しましたが、先生はいつもの淡々とした口調で、母体の状態や、手術で産む方が安全な理由を説明して下さり、不安はなくなりました。何よりも、お腹の赤ちゃんの事、お母さんの事を一番に考えて下さっている事が、とても信頼できました。母親学級での、先生の熱心なお話しぶりが、きっと多くのお母さん、お父さんの心に残っていると思います。
子を授かることがどんなに奇跡的なことか、改めて感動しています。妊娠から出産まで心の支えとなって下さり、無事に出産させて下さって、本当にありがとうございました。
出産後、10日間の入院も明日で最終日。長いと思っていた入院生活はとても充実しており、あっという間でした。手術後の痛みは今まで経験した中で一番痛かったですが、自分の腕の中にいる我が子を抱きしめているだけで、自然と痛みもやわらぐのは不思議でした。とても幸せな時間でした。
入院中に感じた事は、授乳は難しいなぁという事でした。他のお母さん達はいっぱい母乳をあげられていて、とても羨ましい気持ちと、上手にできない自分がすごく情けなく感じる気持ち、焦りなど、複雑な心境でした。そんな中、助産師の皆さんの熱心な指導や、励ましの言葉により、ゆっくり、赤ちゃんと私のペースで授乳ができるようになりました。そして、今日、初めて、自分のおっぱいからたくさんの母乳を飲んでもらう事ができ、人より時間がかかったけど、皆さんが教えて下さる事を信じて繰り返し練習して本当に良かったと思いました。まだまだ、やっとスタート地点ですが、ここまで導いて下さり、本当に感謝しています。ありがとうございました。そして、今後も悩んだり、困った時には頼りにさせて下さい!!
明日、退院後は自宅での赤ちゃんとの生活が始まります。ドキドキ、ワクワクがとまりません!今、とっても幸せで、こわいくらいです。。。たくさんの方に支えられ、産まれて来てくれた赤ちゃんを、今度は私が幸せにしてあげたいです。
北原産婦人科で出産できて本当に良かったと思います。今後もお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
最後に、ご飯、めっちゃおいしかったです。

2018年8月5日 第3子 女の子

自宅から近く口コミが良かったので北原産婦人科に決めましたが、想像以上にとてもいい病院でした。

母親学級で出産後にお腹のマッサージをすると聞いてそれにかなりビビっていましたが 陣痛→出産が看護師さん達の優しく的確な誘導のおかげであっという間に終わってしまったので頭が冷静なせいで案の定出産後の処置は悶絶ものでした。
でも、そのおかげで傷は痛くないから普通に座れるし後陣痛も大したことなく出産直後に来た家族もあまりの元気ぶりにビックリしていました。

出産当日以外にも2日も夜に預かってもらえるというご褒美をもらえ何年かぶりに一人っきりの夜が過ごせました。
日中も必要以上に部屋に誰も来ないので赤ちゃんとのんびりできました。

母乳の出も皆さん忙しい中丁寧に見ていただいたおかげで順調に軌道に乗り安心して退院することができます。

皆さん 長いようで短い妊娠生活&入院生活
本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

2018年8月2日 第2子 男の子

院長先生はじめ、スタッフの皆様 大変お世話になりました。
2人目不妊で、こちらで不妊治療を受けたお友達に勧められてこちらでお世話になることを決めました。
2年通院の末、やっと授かることができ心から感謝しております。
性別がわからないでの出産。はじめはどうかな?と思っておりましたが、どちらかわからない10カ月間はドキドキ、ワクワク、主人と長男とお腹の動きがある度に「~だから弟かな?」「~だから妹かも」と本当に楽しく待つことができました。
長男の時20kgも体重が増えてしまい、お産も20時間かかってしまった私...
はじめに体重あと何kg!!というのを見て、絶対無理!!と思っていましたが、やれば人間できるものですね...大好きな甘い物を我慢して何とか+0.5kgで押さえることができました。おかげで今回のお産は病院に着いてから3時間という前回とは比べ物にならない早さで産むことができました。
ありがとうございます。そして陣痛中のサポートが大変手厚かったおかげと感謝しております!!
パンッパンに張ってしまうおっぱいを頻回に渡り手で搾乳してくださり、かなりの手間と思われるのに、皆さん本当に感じが良くて気持ち良くお任せすることができました。
他のスタッフの方も感じが良く、ごはんもとても美味しく、上の子が泊まるにも安心できる環境で、終始快適に入院生活を過ごさせていただくことができました。お世話になりました。
この病院で出産することができて本当に良かったです!!

2018年8月1日 第3子 男の子

明日、無事に退院を迎えます。
大変、お世話になりました。
今回、3人目の出産でしたが北原さんでお世話になるのは初めてでした。
一人目、二人目の時は体重管理に対する意識も低く、だらだら出産となってしまいました。
まあ出産ってこんなものかなと思っていましたが、3人目を北原さんで産む事になり、毎回健診時に体重をはかり限度体重まで後何キロかを知る事により、自分でも意識して体重を管理するようになり、結果、出産当日は陣痛が来てからは間隔が狭まるのも痛みが増すのもとても早かったと思います。こんなにスムーズにお産が出来たのは初めてで改めて体重をしっかり管理する事の大切さを知りました。
母乳に対する指導やフォローもとても丁寧に優しくして頂きました。
一人目、二人目の時は母乳の出も悪く、完ミで育てました。
今回、三人目を出産して母乳育児をやっていく自信はなかったのですが、毎日看護士さんがマッサージのやり方、授乳のしかたなどを優しく指導してくれたり、時には乳の状態を見て優しくフォローして頂いたり、沢山励まして頂いて、焦らずに自分と赤ちゃんのペースでバランスを取ってやっていけばいいと少し気も楽になって、なんとか母乳育児で頑張ってみようと思いました。
自分の母乳育児に対する意識も一人目、二人目の時と比べ、だいぶ高くなったと思います。
本当にありがとうございました。
入院生活中もとてもアットホームな優しい看護士の皆様のおかげでリラックスして過ごす事ができました。
もし、4人目を授かった時にはまた北原さんにお世話になりたいと思います。
よろしくお願いします。

2018年7月26日 第2子 男の子

この度は院長をはじめスタッフも皆様に大変お世話になりありがとうございました。
1人目を産んだ病院が産科がなくなってしまいお友達がこちらで2人出産していて色々と話を聞いたのでこちらへ伺いました。 1人目が早産だった事もあり今回も早くなると思っていたら予定日を過ぎても産まれず、3日後の検診の時院長に刺激してもらい「これだけ刺激すれば」なんて言われての帰り道、家に帰る事なく病院を出て1時間程で戻ってきました。
こんなにすぐ効果が出るなんて院長すごすぎと主人とおどろいていました。
そして7年ぶりのお産、こんなに痛かったのかと記憶がよみがえってきました。
1人目も4時間半と安産でしたが今回はそれを上回るスピードでした。
2人目だからもあるのかもしれませんがサポートして下さった助産師さんのおかげだと思います。いきみ方、タイミングが痛い以外考えられない私にもとても分かりやすかったです。
入院中も皆さんていねいにおっぱい指導をして下さり、最初全然あげれなかったのが少しずつ飲んでくれる様になってきました。どの方も感じがよく、そして教え方がうまい!!とても頼りになる病院に出会えてよかったです。
食事も毎食とてもおいしかったです。うす味だけど満足感のある味つけ、野菜の切り方、大きさ、火の入れ具合などとても参考になりました。
妊娠中にこれを食べていたら体重おさえられたかななんて...これから見習いたいと思います。
おそうじのスタッフの方もいつもキレイにしていただき、すれ違う時には笑顔であいさつしていただきとても気持ちよく過ごさせていただきました。
あっと言う間の入院生活で居心地がよくもう少しこちらにいたいくらいです。
3人目は考えていないので娘の出産(孫)の時にこちらにお世話になれたら母としてはとても安心で心強いです。
院長先生、それまで現役でいて下さい!!

2018年7月26日 第2子 女の子

3年前にこちらで長男を出産してから、2人目ができたらまた北原さんで産もうと決めていました。
久しぶりの予約で伺った時に、変わらない院長とスタッフさん達の懐かしい顔ぶれにホッとしたのを覚えています。

2度目のお産は楽にしたい!!とおっぱいのマッサージや呼吸法の練習など頑張りました。
…が、結果長男の時よりも騒がしいものとなりました…。
立ち合ってくださった師長さんや主任さんがいなければ産めなかったと思います。
また、分娩室で院長の顔を見た瞬間「ヤバイ!怒られる!」と少し冷静になれた自分がいました。そんな院長から、無事に2度目のおめでとうございますがいただけて本当に嬉しかったです。

お産が重なった時期の出産で病室が空いておらず、バタバタ入院生活の始まりでしたが、身体のダメージが少なかった為元気だったこと、2度目の出産で心に余裕があったこと、スタッフさん達の細やかな心づかいのおかげで、全くつらいことなく個室に移れました。
おっぱいも順調でこんなに楽しくていいのか?と思うくらいです。
長男の時は帰宅後の生活が不安で不安で退院したくありませんでしたが、今回は楽しくて帰りたくありません!ご飯もとってもおいしいです!

絶対2人目も男の子だ!!と男の子の名前しか考えていなかった私達家族のもとへやってきてくれた女の子!!また初めての育児が始まる様な気分でワクワクしています。
2つの宝物と対面できたこの場所は家族にとって大切な特別な場所になりました。
これからも変わらずあり続けて欲しいと思っています。
お世話になりました。ありがとうございました。

2018年7月25日 第2子 男の子

大変お世話になりました。 1人目は別の病院でしたが、上の子が一緒に泊まれ、検診中もキッズルームで遊べるということで、こちらの病院に決めました。

1人目は予定日を過ぎても産まれず、子宮口の開きも0...陣痛促進剤を3日間使って、ようやく吸引で出産しました。その後は縫ったかしょの痛みがひどくて一カ月間座われず、母乳もできすぎてしまって乳腺炎になりで、すごく産後が辛かったので、その日々がまたくるんだとおそれていました。

でも、陣痛がきた時に子宮口が開くように手伝って頂いたり、体の向きを教えて頂いたりと、どうしたらうまくできるのかを明確に指示してくださったおかげで、縫うかしょが少なく無事に出産することができました。

また、その後のおなかのグリグリはとーっても痛くて長くてビックリしましたが、そのおかげでほとんど後陣痛がなく、おろも少なくすみました。

そして、一人目で悩まされたおっぱい。今回もまたパンパンになり『またか...』と思っていましたが、どの方も丁寧にマッサージの仕方を教えてくださったおかげで、退院するまでには自分である程度かたさをほぐしてから授乳することができるようになりました。

座われていること、ちゃんと授乳ができていること、出産前は想像できていませんでした。
これならこんなに髪を切らなければよかった(笑)

すっきりした気もちで赤ちゃんとの日々を過ごし、退院をむかえられるのも、院長先生や助産師さんのおかげです。また、いつもきれいにそうじをしてくださったり、おいしいごはんをつくったりと、気もちよく過ごせるようにしてくださった皆様のおかげです。

感謝の気もちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

2018年7月25日 第2子 女の子

今回は大変お世話になりました。
1人目の時は、何も知識が無かった事と、自らの甘さが体重を増やし過ぎてしまい、破水から始まったのですが、促進剤→陣痛半日→吸引分娩→多量出血と、消耗が激しく、産後トイレに行く事すらしんどかったです…。
それが今回は、先生の設定体重を少しオーバーしてしまいましたが、大分抑えられたあかげか、AM1:00に陣痛がきて、あれよあれよと進み、朝までかかると覚悟していましたが、AM3:00前に産む事が出来ました。
産んだ後の消耗と、体力が1人目の時と全く違ってびっくりしました。
上の子がいるので、すぐにすたすた歩ける事が大変助かりました。
きびしいと口コミなどで見ていましたが、きちんと理由があっての事なのだと、身を以て知る事が出来ました。
今回、上の子がいるので立ち合いがなく、一人で陣痛と分娩台に上がったのですが、とても心細い時に看護師さんに声をかけて励まして頂き、とても心強かったです。
痛みに弱いので不安でしたが、厳しくしっかりと導いて下さったので、乗り切ることができました。
入院中は、細かく部屋まで足を運んで授乳の指導をして頂いて、これまた1人目の時との違いに驚きました。
お陰様で退院後もすぐに母乳育児でやっていく自信がつきました。
退院前の指導では、これからの心構え、頑張りすぎない事、何かあったらすぐに相談して等、ものすごく親身になって話して頂いて、肩の力が抜けた気がしました。
1人目の時もこちらでお世話になりたかったなあ…と(笑)
こちらで出産出来て本当に良かったです。
ありがとうございました。

2018年7月24日 第1子 男の子

妊娠が分かり、どこの産院にしようか迷っていましたが、ちょうど同じ時期に妊娠が分かった兄夫婦がこちらに決めたこと、実家がすぐ近くにあることから北原産婦人科で義姉と一緒にお世話になろうと決めました。
始めの方は不安だらけで分からないことも多く、院長にもっと色々ききたいけど...必要最低限のこと以外、多くは語らない院長に少し距離を感じている時期もありましたが(すみません..)母親学級などを通じて、院長の信念や命に対する考え方に共感し、信頼して通院することができました。

出産当日は破水から始まり、約1h後には陣痛がきて、それから4h後には出産という、とても安産にて我が子に会うことができました。
スムーズにお産が進んだのも助産師さんの的確な指示と途中色々と話しかけてくれ会話しながらリラックスができたからだと思います。呼吸やいきみなど“すごく上手だねー”と声をかけてもらえると、自信につながり最後まで頑張ることができました。

入院中、一番心配していたのは母乳がでるかどうかでした。
胸も人一倍小さく、笑 乳首も短かったので、半ば諦めていましたが、とても丁寧な母乳指導のおかげで少しずつ自分のおっぱいからミルクが出てきた時は本当に嬉しく感動しました。沢山の看護師さんにマッサージも手伝って頂きました。まだまだうまく吸わせてあげられていませんがムリのない範囲で母乳で育ててあげられる様、お家でもマッサージ頑張って続けようと思います。
※マッサージは陣痛より数倍痛かったです..笑

あまりこだわりもなくこちらの産院に決めた私ですが、出産を終えた今、ここでお願いして心から良かったと思います。院長を始め、助産師さん、看護師さん、調理・清掃担当の方、本当にお世話になりました。
“人の温かさ”が素敵な産院だと思いました。
2人目もこちらでお願いしたいです。その際はまた宜しくお願いします。

2018年7月22日 第5子 女の子

北原産婦人科での出産は、今回が3回目になります。
昨年四男を出産した夜、ふと5人目もいたらきっともっと楽しくなるなあと思ったことを思い出します。

子どもは4人と計画していただけに諦めていましたが退院診察で先天性異常が見つかった四男のため、初めて育休を取り、ゆっくりする時間ができたことや、産後2ヶ月足らずで生理が戻ったこと、長男次男にも相談したところ、キラキラとした目で5人兄弟になりたいと言ってくれたことが後押しとなり、5人目もお腹にやってきてくれることになりました。

1人1人性格が違うように、毎回の妊娠経過も異なり、今回は特に不安なことが多々ありましたが、院長の「順調です」の言葉に、いつも本当に大丈夫なのだと安心することができました。

男の子しか生まれないと思っていたわたしたち夫婦に女の子を授かることが出来たのも、院長の丁寧な診察により、早期に四男の異常を見つけて頂き、真剣に5人目について考える時間をもてたおかげです。

四男は一度でも感染をおこせば即入院、全麻での精密検査が必要といった状態ですが、早くから対応できているおかげで1才半になる今も大事に至らず元気に走り回ることが出来ています。

いろんなタイミングが重なり、5人目を授かることができ、よりにぎやかな我が家になっていけそうです。

出産時の助産師さんたちの見事な赤ちゃんの誘導はもちろんのこと(150cmと小柄ですが、平均4kgのわが子を安全に産めるよう導いて頂き感謝の気持ちがいっぱいです)三男、四男の出産から今回の妊娠出産に至るまでこちらでお世話になった沢山のことを娘にも伝え、大切な何かを感じとれる情緒豊かな子になれるよう、これから大切に育てていきたいと思います。

出産は今回が最後となりますが、北原産婦人科のアットホームな安心できる空間が大好きでした。
本当にお世話になり有難うございました。

2018年7月22日 第3子 女の子

院長先生、助産師、看護師のみなさん、他スタッフのみなさん大変お世話になりました。

第1子は里帰りだったので他院でしたが、第2子からはこちらの北原さんにお世話になってます。

妊娠がわかった時は迷わず北原さんにまたお世話になろうと思い受診しました。
6年ぶりの妊娠。第1子の時も第2子の時もトラブルなく経過した妊娠生活でした。
しかし今回は妊娠24週の頃より「歩いちゃダメ!」と言われました。自宅安静となり仕事も休み、そのまま産前休暇へ突入。家でも動くとお腹は張るは…でも上2人のこともあり、まったく動かないわけにもいかず…。37週前に出産にならないようにと思って生活し、無事に37週まで迎えることができました。そのあとは、いつかな?いつかな?と待っていても、なかなかそんな徴候も現れず…。
気が付けば予定日間近。そんな中、夜中に突然の腹痛。これはもしやと思っていたら「何か出た!」と思ったら破水。いつもなら続かない腹痛が、だんだん規則的に…。
きたー!!と思い、しばらく待って病院に電話。「どうぞ来てください」と言われ、夫、子供達を連れて5時前には入院。人生初めての浣腸をしてもらい、痛みに苦しみ、声も出し…。
(第2子の時よりはマシだったと思うが…。)無事に女の子を出産することができました。出産時に立ち会ってくれた主任さん、赤ちゃんをとりあげてくれた師長さん。本当にお世話になり、ご迷惑もおかけしました。

入院中からおっぱいの張りも強くなり、マッサージしてもらい、すごく楽になりました。
前回もそうでしたが、食事がおいしい。毎食すごく楽しみでした。
本当にありがとうございました。

2018年7月17日 第2子 女の子

上の子を出産して一年。年子で欲しいなあと思っていたら妊娠が発覚!
「でも、出産の時、上の子どうしよう…」と思い一緒に入院できるところを調べていたら、この北原産婦人科を見つけました。結局上の子は、義両親に預かってもらうことになりましたが、ここで出産できて本当に良かったと思いました。

1人目の時は、予定日を超え、誘発での出産だったこともあり、陣痛がきてもわからないのではないかと思っていました…。が!17日AM4:00過ぎなんとなくいつもと違うお腹の張りに「これだ!!」とすぐ実感しました。様子を見つつAM7:30には病院へ。すぐ入院となり「もうすぐ会えるんだー。経産婦はお産の進みが早いっていうしなー」なんてウキウキしていたのに…。聞いていた話と違う!!まったくお産が進まない!!もうPM3:00…PM5:00!!
どんどん時間だけが過ぎていき、陣痛の間隔が10分から変わらないことに一人で勝手に焦っていました。でも助産師さんの的確な指示のもと横になって丸くなること40~50分…ごはんの前にトイレでも行っておこうと立ち上がった瞬間にとんでもない痛みが!バーン!バーンバーン!って感じでもう呼吸もわけわからなくなって、気づけば陣痛室→分娩室→5分で娘誕生!ってなっていました。もう本当に聞いていた話と違う…陣痛10分からすぐ出産だなんて…本当にお産は1人1人違うものなのだなと。経産婦はのんびりしていちゃだめよ!って母親学級で先生がおっしゃっていましたが、その通りですね。何があるかわからないなって思いました。こわかったーでもスポーンと産めたのも、陣痛にたえることができたのも丁寧に、的確に指導して下さった助産師さん方のお陰です!本当にありがとうございました。ここまでサポートをしてもらえる産院はないのではないかと思うほど、色々な知識を教えて頂きました。どの知識も上の子の産院では教えてもらってないことばかりだったので、とても勉強になりました。一人目から北原さんにしておけばよかったと後悔です。また、いつもおいしいご飯を作って下さった厨房スタッフのみなさんもありがとうございました。食の大切さを知りました。自分でもこんな素敵なご飯を作りたい、また家族に食べさせてあげたいと料理の勉強もしようと思えました。レシピ本欲しいです!出して下さい!!
お掃除のスタッフさん方もいつも笑顔であいさつして下さり、心地よい空間を作って下さってありがとうございました。沐浴後もキレイなお部屋でゆっくりするのは至福のひと時でした。
そして先生!いつもクールでしたが、回診に来てくださったあの笑顔忘れません!いつも赤ちゃんを最優先に想って下さってありがとうございました。もしまた子どもを授かることができたなら、また戻ってきたいです!こんなに素敵な産院はないです。本当にお世話になりました。ありがとうございました!

2018年7月14日 第2子 男の子

第一子は里帰り出産でしたが、今回はお姉ちゃんの幼稚園もあるので、新たに産院を探すことにしました。子連れ入院や子ども用の食事の案内を見てこちらに決めました。
最初は先生の素っ気ない(すみません!)対応にドキドキしたりしましたが、母親学級で毎回のエコーの丁寧な診察で、信念をお持ちの先生なのだと安心するようになり、また私には素っ気ないのに診察最後は必ず娘に「バイバイ!」と声をかけてくださるのも嬉しかったです。

4年前のお産は、予定日超過で誘発剤を打っての出産でした。
「今回も陣痛きてくれないんじゃないか…」という不安、夏バテ気味で「早く出てきて
―」との思い、周りからは「2人目は早いっていうからね」の言葉が段々プレッシャーにもなり、39週少し憂鬱になっていました。

なんだか気分が悪いなあと感じていた予定日の正午、おしるし。
いつもどおりに寝て、翌AM1:00目が覚め陣痛を確信。
AM3:00病院に着き、AM8:24出産となりました。
8:00頃もうすぐ全開の辺りまでは、お腹のベビーや家族も一緒に頑張っている…と思いながら、前回よりは落ち着いていられたのですが、全開の痛みには耐え切れず、大きな声を出してしまいました。
「ママがパニックになったらダメよ!」と叱ってもらってハッとしました。
そこからは30分足らずでベビーに会うことができました。
終始温かく、でも冷静に、声をかけて支えていただいたおかげです。

入院中も手厚くおっぱいのケアをしていただき、退院後自分でできるよう何度も指導して下さいました。退院後も頼れるところがあると思えてとてもありがたいです。
毎食のお膳もとーってもおいしく、見た目も美しく、楽しいお食事でした。
スタッフの皆さま、院長先生、助産師さん、本当にお世話になり、ありがとうございました。
もし、もし、3人目があれば…こちらにまたお願します。

2018年7月14日 第2子 女の子

北原さんにお世話になるのは2回目です。
長女もこちらでお世話になったのですが、私の実姉も2人の子供を北原さんで出産しており、「とても良い」と聞いていたので、迷うことなくここでの出産を決めました。
長女出産後、一度初期の流産をしています。(心拍が確認できる前ですが…)
念願の2人目妊娠だったので、とても悲しかったことを覚えています。
それからの健診は毎回楽しみで、しっかり成長しているのか、体重はどのくらいなのか、わくわくしていましたが、院長先生が「これが頭。これが心臓。しっかり4つに分かれていて問題ないね。これが横隔膜…。」などと丁寧に教えてくれました。
出産当日は陣痛の間隔を見て病院へ連絡してすぐに行きました。
23時前に着き、陣痛の痛みが激しくなってきましたが、定期的に助産師さんが見に来てくれ、マッサージ?や腰をさすってくれたりと、そのおかげで陣痛も順調に間隔も短くなり、子宮口もひろがり…分娩室に行ってからは30分くらいで産まれてきてくれました!
助産師さん達が的確にアドバイスをして下さり、一緒に呼吸のタイミングを促してくれたりと…本当に助けて頂きました。
そして「頭見えたよ」とお言葉を頂いてからはあっという間でした。
北原さんでお世話になったのは2回ですが、毎回思うのですが「スタッフのみなさんがとても頼りになる」ということ。毎回の健診はもちろん、出産時、その後のフォローもして下さりとても心強いです。また、上の子との接し方にもたくさんアドバイス頂けて、長女(4才女の子)に会ったら、たくさん話を聞いて、たくさん遊ぼうと思いました。
また、赤ちゃんをおんぶしながら働く助産師さんや、お子さん3人を育てながら働いている助産師さんなど「働くママ」が多い事も、とても素晴らしいと思っています。
私も来年には仕事復帰予定なので、そんな働くママ、なにより出産を助けるお仕事をしている方がとてもかっこよく思え、私も頑張ろうと思えます。
本当にありがとうございました!!

2018年7月13日 第1子 女の子

先生方、スタッフの皆様、本当にお世話になりました。 初めての妊娠、出産で、わからない事、不安な事だらけでしたが、妊婦健診では毎回
「心配な事、気になる事ありますか?」と聞いて、アドバイスを下さったり、いつも丁寧に対応して下さり、健診に行くのが楽しみでした。
出産の時は、病院に着いた時点で、子宮口が9cm開いていると言われ、初産だしまだまだ生まれないのだろうなと思っていたのでびっくりしました。
そんな中助産師さんはとても優しく声をかけて下さったり、いきみを逃すために肩をかして下さったり、そのおかげで落ち着いて分娩室に入ることができました。
分娩室に入ってからの痛みは、今までの物と比べものにならない痛みで心が折れそうでしたが、助産師さんの「大丈夫」「上手よ」と前向きな言葉にパワーをもらい頑張る事ができました。本当にありがとうございました。
産後も頭痛が続いたり、胸の張りや痛みがつらかったり、眠れなかったりした時、たくさん助けていただき、本当にこちらで産む事ができてよかったなと思いました。
明日退院ですが「何かあったらいつでも連絡していいのよ」という言葉だけで、とても安心できました。ずっと入院していたいと思ってしまうくらい居心地が良かったです。
また子供を授かる事ができたら、こちらで出産したいです!!
本当にありがとうございました。

2018年7月12日 第3子 男の子

院長先生、助産師さん、スタッフの皆様、全ての方々に感謝しております。
この度、第2子に引き続きお世話になりました。
第2子の出産の時は、約2時間半という超安産だった為今回もきっと早くするんと産まれる!!と思っていましたが…甘かった…。
11日の夜11:00より7分間隔で陣痛が来た為、産院に電話したら「前回出産が早かったので来てください」との事で行き内診してもらったらすでに6㎝子宮口が開いてる!!と言われ勝手に「早く産まれる!!ラッキー!!」と思ってたけど全然陣痛が強くならない。間隔も5分から短くならない。
一緒に陣痛室に入ったお隣さんはずーっと痛そうですぐ産まれるんだろーなー、いいなー
と思って、やはり私より先に出産され増々不安に。。。
AM6:00を過ぎた所で、2回目の内診。子宮口6㎝から変化なし。別の助産師さんにも内診してもらったら羊水が多くて赤ちゃんが下にさがって来ない!!破水したら早いよ!!と言われちょっと期待しその後何度か内診してもらったら破水し陣痛は強くなるけど間隔が短くならず、助産師さんたちにお腹を押され私自身もいきみまくって赤ちゃんを下におろして、分娩台に登ってから約10分で出産になりました。9時間という分娩時間でした。今回は上の子が男の子だった為女の子を期待しすぎてた!!と助産師さんに話をしたら「女の子期待しすぎて出ずらかったんじゃない!?女の子産むまでもう1人頑張りな」
と言われてしまいました。(笑)
今回の出産は、少し辛かったですが、かわいい我が子に会えて本当に嬉しく、命の誕生の奇跡を痛感しました。
また、入院中のお食事がとても楽しみでした。毎回、ステキな食器に薄味の美味しい味付け、退院したらマネしたい!!と思う食事内容でした。 
入院中母乳の事、赤ちゃんの事を親身になって接して頂き、助産師さん達には感謝しております。ホルモンバランスの影響で涙もろくなってしまいましたが一緒に目頭を熱くして下さってここの産院で産んでよかったな!!とつくづく思いました。
また第四子を授かる事があればお世話になりたいと思ってます。
本当に本当に有難うございました。

2018年7月12日 第2子 女の子

1人目は近くの病院で出産しました。初めての妊娠出産でしたが大きい病院ということもあり毎回診察もとても混んでいて、出産して入院中も得に何かを教えてもらうということもなく、退院し自己流で授乳や育児をやってきました。
今回、2人目を授かった時に、上の子も一緒に入院させて頂けるという事で北原さんに決めました。今さらですが、1人目の時から北原にかかれば良かったです。
毎回の診察、上の子も一緒に連れて行きましたが、スタッフのみなさん、先生方、みんなに良くして頂けて、息子も病院に来る度慣れていき、とても助かりました。
母親学級お話では、とても勉強になること、2人目なのに初めて知ることなどたくさんあり、とても良かったです。
立ち合いのお話も感動して泣いてしまいました。

出産の日は、1人目と違って自分的にとても辛かったですが、助産師のみなさんが、優しく、きびしく、声かけて下さり、元気な子を産むことができました。
母乳指導もとてもていねいにして下さり、マッサージは泣ける程痛かったですが、マッサージしてもらえた後は、本当に楽になりました。

スタッフのみなさん1人1人が気にかけて声かけて下さり、入院中は本当にリラックスできました。
これから上の子、下の子の育児が始まりますが、ゆっくり、ゆっくり、少しずつ頑張っていこうと思います!
家族計画では子ども3人なので、また授かることができた時は、お世話になろうと思います!!
本当にありがとうございました。頑張ります。

2018年7月8日 第4子 女の子

4人目の出産ではありましたが、第3子とは6歳離れており久々の出産にかなり怯えておりました。しかし蓋を開けてみたら、今までのどの妊娠よりもトラブルも無く、負担の少ない妊娠期間だった様に思います。それは恐らく、体重管理をしっかりと行えたことが大きかったのではないかと思います。
また、私は今までは別の病院で出産しており、北原さんでの出産は初めてだったのですが、今までお世話になったどの病院よりも北原病院の助産師さんの知識、技術は高いと思います。陣痛からお産までのケア、声掛け、心から安心して身を委ねる事が出来ましたし、出産は4回目ではありましたが、今回初めて知る知識も多く大変勉強になりました。
最後に、昼夜問わずに訪れる出産、それを支えるべく熱心に働いていらっしゃる皆様に、心からの敬意と感謝の意を表します。
無事に産まれてくれた娘に感謝しながら久しぶりのそして最後の?新生児育児を日々噛み締めながら家族皆で楽しみたいと思います。

2018年7月3日 第3子 男の子

子連れ入院が可能とのことで、受診しました。最初は自分は産みたいけども、パパは今回は...という感じだったのでどうするかを決めるまで本当辛かったなーと。
エコーでこの子を確認した時は、もう周囲に反対されてでも産んで一人で育てていく!って思いました。なので、土曜も診察があったのはとても助かりました。また先生も必要な事だけを教えてくれるので毎回サクサク診察していただいて私はとても楽でした。
出産の時は、これ陣痛かな?でも前回、前々回はもっと痛かったし、と思っていて。一応数分おきなのでTELしました。(その時は保育園には次男を送って―とか考えてました)そしたら来てくださいとのことで、そこからがあっという間でした。でもやっぱり前よりは痛くない...なのでなんか会話して笑って、ツルンと出てきた感じです。これも助産師さんの指示が素晴らしかったからだと思います。いきんだらダメ―!飛び出てきちゃうよ!って言葉にはええー!?そうなの!?とものすごく衝撃を受けました。
入院中も丁寧に指導してもらえたので、母乳の出るのが早かったです。あと、ご飯も美味しくて量も多いのにペロッと食べれました。
ただ1つ心残りがあるとしたら、退院日のオヤツが白玉だんごで食べれなかったことでしょうか(笑)
なのでもし、4人目ができたらまたお世話になります。本当に母子ともにお世話になりました。
あ、立ち合いができてパパが今までとは色々と変わった気がするので立ち合いできて良かった!でも私もへその緒切ってみたかった...

2018年7月3日 第1子 女の子

北原産婦人科の皆様、大変お世話になりました!

初めての妊娠、出産でまだまだ未熟な自分が人の親になる事への不安と喜び、とにかく色々な気持ちで「本当に赤ちゃんが居るのか?」とさえよく考えてしまう、妊婦生活でした。
仕事で地元を離れ、出張の多い夫、自身も母が病気で亡くなっており、とにかく手探りで病院探しから始め、偶然休みに北原産婦人科の予約がとれ、通う事になったのですが、院長先生の第一印象はクールな方だなぁと。
ですが母親学級で信念を持ってやっている事、赤ちゃんの安全が第一に考えられている事を知り、この院で出産しようと決めました。
また、産後の宿泊型ケアの存在も知り、不安が一つ一つ解消していき、安心して臨月まで出来る事をやりました。

出産では、帝王切開でしたが我が子が無事であれば...。という気持ちが強かったので元気にうまれてくれて良かったです。

ぱっちり2重の娘が元気なのは、皆様の協力があったからこそだと思います。本当に感謝、感謝です。

有難うございました。

2018年6月19日 第2子 男の子

私は第1子を他の総合病院で出産しており、今回は産婦人科を決めることからはじまりました。年齢も決して若いとは言えませんが、第2子がどうしてもほしかったので、情報通のママ友に妊娠前から相談していて、「北原産婦人科がいいよ」と話をきいていました。調べてみると、上の子との宿泊がOKだったりと、自身の母が既に他界している自分にとっては助かることも多く(今は病室に子供が入室できる産科は少なくなっているかと思います)、迷わず「妊娠したら通院しよう」と思っていました。
妊娠がわかり、通院をはじめましたが、第1子の際とおとりもしない悪阻→ケトン体(+)、その後もなかなか体調がよくならず、最後は子宮頸管長が短くなりとうとう入院、、、。入院だけは避けたかったのに、、、。と思っていました。しかし、この入院で義母が急遽長野から来ることとなり、上の子も慣れてくれ、私ぬきで幼稚園の送迎も含め家のことがまわるようになり。私もはじめて師長さんや主任さんをはじめ入院スタッフの方々にお会いすることができたり、院内の様子もわかり、これからの入院のための予行練習が行えたようでした。実際の出産の際はとまどうこともなく、ゆったりとした入院生活を送ることができました。自分にとって、あの入院は想定外でしたが、今では必要な時間であったと思いました。
外来通院中は点滴に通ったこともありました。入院中は何とか37週こえてくれと思っていました。
その中で色んなスタッフの方々にお世話になり、またお気遣いいただきました。

  • 主治医の院長先生、長い間ありがとうございました。母親学級では直接先生から色々とわかりやすいお話をうかがうことができて感動しました。
  • 佐藤先生、火曜日夜の出産で、はじめてお会いしました。どうもありがとうございました。(さわいですみません)
  • 師長さん、夜勤まわりが早くてびっくりしました。出産入院の最終日夜、夜勤が師長さんでマッサージをしていただけたのは運命だったとしか言いようがありません、、、。あやうく出戻るところでした。本当にありがとうございました。
  • 主任さん、主任さんも夜勤が多く、連日お会いしたときは「お手伝いで」とおしゃっていましたが、びっくりしました。色々とお話をしていただきありがとうございました。
  • 外来、入院でお世話になりました助産師の皆様、外来通院中は意識が朦朧としている期間が多くありました、、、。入院中は本当に色々とお世話になりました。
  • 調理スタッフの皆様、おいしいお食事を長い期間いただきました。ありがとうございました。
  • 事務、おそうじ、その他スタッフの皆様、お世話になり、ありがとうございました。

出産の喜びもつかの間で、あわただしい日々を過ごしておりますが、上の子も、うまれた子もとてもかわいく、幸せな日々をおくっています。
ずっとお世話になりましたこと、忘れません。皆様本当にどうもありがとうございました。

2018年5月26日 第3子 男の子

北原産婦人科の皆様
大変お世話になりました!

3人めが産まれる時期が主人の繁忙期と被ってしまい、もしかして子ども2人を連れて入院になるのか?!と不安がありました。しかしここならきっとなんとかなるんじゃないかという謎の安心感がありました。
蓋を開ければ、主人の繁忙期が終わり入院中はずっと仕事を休んで上の2人をみてもらえたので、産まれたばかりの赤ちゃんとゆっくり過ごせパラダイスのような時間でした。

妊婦健診の度に、北原院長が子どもたちの名前を呼び、最後に笑って手を振ってくださるのが嬉しかったです。
夜中に破水し、1人でタクシーで病院に着いた時、主任さんが出迎えてくださったこと、3年前の次女の出産を覚えてくださったこと、とても感動しました。
たくさんの妊婦さんがいる中で、数年経っても1人1人の出産を忘れないでいてくださるこが、北原産婦人科における絶対的な安心感、信頼感に繋がっているのかなと思いました。

北原院長、助産師さん、看護師さん、スタッフの方々、ありがとうございました。皆さんのように優しい気持ちで私もまわりの人に接していけるよう意識していきます!

2018年5月22日 第1子 男の子

院長先生、助産師さん、看護師さん、スタッフの皆様、大変お世話になりました!
主人の仕事の関係で、22週からお世話になりました。毎回のエコーはとても細かく教えてくれて、いつも院長先生の「順調です」の一言に安心していました。
40週をむかえ、全然おりてこない我が子。レントゲンをとりに行き予定帝王切開となりました。「手術」と聞きドキドキの私に「早いと1分しないで赤ちゃん出るんだよ」と。すごくびっくりしたのを覚えてます。先生は何度も「大丈夫。心配しなくていいよ」と言ってくださり、生まれて初めての手術で不安でしたが先生を信じよう!!と思いました。
21日夜に主人と病院に入り、とっても大きいおなかとの最後の夜を過ごしました。寝苦しいし、重いし...でも今日で最後と思うとちょっとさみしいですが、2人でおなかの中の我が子に「やっと会えるねー、本当に大きいのかなー?男の子でも女の子でもたのしみにしてるよー」と声をかけていました。
そして当日、口から心臓が何度も出そうな程キンチョーしました。主人や親せきに見送られ、もうすごく泣きそうになっていましたが、ずっと横で手を握ってくれたり、どうゆう状況か教えてくれました。本当に安心できました。産声が聞こえても、まだ出てないって...
「えーどういうこと!?」なんて思う間もなく出てくれて、しっかり声が聞けました!助産師さんが見せてくれた時ほっとした気持ちとうれしさと、やっと会えた―♪って気持ちで泣きそうになりました。外で主人たちの大きな喜びの声にみんなで笑ったのも思い出深いです。
院長先生、佐藤先生にやってもらえて本当によかったです。我が子を安全に取り上げてくれてありがとうございました。
術後から、収縮の痛みがとてつもなくしんどくて、どうやってもイタイ。でも動かないと、という事で何とか体をおこして手洗い場まで行き、少しずつ次の日には少し歩ける距離がふえました。本当にイタくて心が折れそうでしたが、夜中何度も様子を見に来て下さったり、応援してくれたおかげです。
我が子と同室になってから、あの痛みは何だったの?と思う程夢中で見入ってしまい、もっとがんばろうという気持ちにさせてくれました。
1日1日変化(進化?)する我が子のペースに合わせて母乳やミルクの回数など毎日アドバイスして頂いたりコツなども沢山教えて頂いたおかげで自分は母乳育児大丈夫なのか?と不安でしたが、少しずつ出るようになり自分の自信にもなりました。
みなさん全員がいつも笑顔で、そして気配りも細かく、私と我が子の事を本当によく気にかけてくれて1つ1つの悩みを解消していくことができました。
どんなことでも聞きやすく、退院後もすぐ電話できる安心感は本当にありがたいです。
性別教えないなんて珍しいと言われたこともありましたが、本当に性別なんて二の次というのをすごく実感しました。とにかく元気に生まれてきてくれることだけを考え、会えた時に分かる楽しみもまた感動でした。
初めての妊娠、手術、入院...。沢山の不安をかかえていましたが、みなさんのおかげで乗り切ることができました。ありがとうございました!
これからがスタートですが、またお世話になることがあった時は体重管理がんばりますので(笑)ぜひ北原先生よろしくお願いします。
書ききれない程、感謝のキモチで一杯です!!
乱筆 失礼します。

2018年5月4日 第3子 女の子

この度は、皆様大変お世話になりました。
2017年の2月頃、待望の第2子を授かり、北原さんに診ていただいていましたが9W頃に「心臓が止まっています」と。流産という結果になってしまいました。その時はとても悲しく、辛かったのですが、先生はじめ看護師さんに優しく接していただき「次こそは必ず産んであげるからね」とお空に帰った赤ちゃんに約束しました。その後幸いにも割とすぐに妊娠し、無事に今回お産することができました。
1人目と違い(他院)助産師さんのアドバイスが的確でやさしくて、とても痛くて怖かったけれど、とても楽に出産できました。産後ケアも親身にして下さってとても心強かったです!小さな赤ちゃんがお腹で育って...産まれてきてくれるということは本当に尊く奇跡ですね。奇跡の命を大切に育てていきます。ありがとうございました。
PS.ごはんおいしかった~♪

2018年4月27日 第2子 女の子

第1子は里帰り出産の為、別の病院で産みましたが、今回こちらでお世話になり本当に良かったと思いました。

第1子も小さく産まれ、入院中にはスパルタな授乳指導があり1人涙を流すこともあり、今思えば軽いうつ状態にいたように思います。第2子は望んだ妊娠だったので喜びましたが、お腹が大きくなり、出産が近づくにつれ授乳の不安がまた出てきました。出産は37週で陣痛があり、第2子ということもあるのか第1子よりも軽く出てきました。

そして、不安もあった入院生活ですが、みなさんが優しく、赤ちゃんへの負担、私の体調までも気遣ってくださり、こんなにも病院が違うだけで授乳指導が違うものなのかとびっくりしました。母乳はたくさん出て、小さいながらも頑張って飲む娘を一緒に喜んでくれ励ましてくれ、私の不安はすぐに無くなっていました。
後半は、長男も一緒に泊まり、長男の相手をしてくれたり、長男の接し方までも教えて頂いたりと、感謝しかありません。

清掃の方もとても親切で、食事も本当に毎食おいしく頂きました。
息子も少し残してしまうこともありましたが、何でもおいしいとパクパク食べていました。ありがとうございました。

産後の体調が良かったのもありますが、本当に快適な入院生活でした。
長男もこちらで産みたかったと思うほどです。
退院後、まだ少し娘の体重管理でお世話になりますが、本当にありがとうございました。

2018年4月25日 第3子 女の子

2人目の里帰り出産までの間、そして今回は出産まで北原さんでお世話になりました。知り合いの北原さんでお世話になったママさんはみんな、入院中のごはんがおいしい!!体重管理は厳しいけど、先生も看護師さんも良いよ!!と言っていたのと、総合病院のような雰囲気の所が個人的にあまり好きではないので、ここでお願いしたいと思い北原さんでお願いすることにしました。2人目の時は、体重管理が思うようにいかず(里帰りするという甘えもあり...)逃げるように里帰りしました(笑)1人目は予定日を過ぎても出てこず、誘発も2日間かかってなかなか陣痛が来るまでに苦労しました。また2人目も2日かけて誘発して出産。大きめだったこともありますが出産時は自然に陣痛が来ることを経験したことがなく、今回は体重管理も気を付けるぞ!!自然に陣痛がくるようにするぞ!!と意気込んで通院しはじめたものの+6㎏までのところ、+8㎏に...先生に体重増え続けたら、また陣痛こないよと度々注意を受け、出産予定日の日の診察でも“ここからどれだけ体重減らせるかだよ!!”と言われ、毎日子供たちの事や仕事もギリギリまでやって、ごろごろしているヒマもないのに、なんで体重は...と思いながら、予定日から1週間が過ぎようと、もう誘発のため入院する日が迫って今回もか...と諦めかけた前日の夜、きゅーっと下腹あたりがしめつけられるような感覚が度々ありました。何かおかしいな…と思いながら子供たちを寝かし、痛みが少し出てきたのでこんなんで電話してもいいのかな…と思いながら病院へ電話し、来て下さいとのことで病院へ向かいました。迎えてくれた助産師さん?看護師さん?は今の状況を丁寧にわかりやすく教えてくれて、一人でお産まで色々なことをテキパキこなし、一言一言がとても安心感をあたえてくれました。
上2人は出てくるときに、つっかえて、お腹を思いきり押されたのですが、今回は”赤ちゃん自分で出てくるから、いきまないで!!”と一度もいきまないで生まれてくるという初めての経験でした。もちろん陣痛は痛かったし、つらかったけど、それよりも今回は安心感が大きかったなぁと心強い出産でした。入院中の食事は食器もステキで楽しみにしていた通りおいしかったし、看護師さんたちはみんな優しく、上2人のことも気遣って頂いて、感謝の思いでいっぱいです。
そして3人目にして初めて主人は、母親学級(立ち合い希望のパパ必須の)を受け、先生の言葉で、出産の大変さを少しわかってくれたようで、2人目の時の立ち合いなどでは、”みてみて!頭でてきたよー!!”などと言っていたのですが、今回はのん気な声かけではなく、サポートするような声かけをしてくれ、一緒に頑張ってくれました。妊娠~出産~入院中を通して先生やスタッフさんの丁寧な説明で3人目にして学ぶことも多かった日々でした。本当にこちらでお世話になることができてよかったです。ありがとうございました。
体重管理…本当に大事ですね!!

2018年4月25日 第1子 女の子

初めての妊娠・出産で心配や不安が多かったのですが、今ふり返ると、周りの方のサポートがあり、無事にここまでこれたのだなと、感謝の気持ちでいっぱいです。

毎回の検診の時には「何か気になることはありますか?」と親身になって声をかけてくださり、通う度に安心感が増えていきました。
学級では、“命の大切さ”について改めて考えることができ、夫婦で話し合い、絆を深めることができたと思います。
院長先生の考え方に納得できることが多く、頑張ろう!と素直に思えました。私が食べすぎていると、夫が「赤ちゃんのためだよ。」と諭してくれ、暴飲暴食せずにこれました。

私の周りに北原さんにお世話になったという先輩方が多く、「性別は?」と聞かれ、「産まれてくるまでお楽しみなんです」と話をすると、「もしかして、北原さん?」と・・・!!厳しいけれど、信頼できるというエピソードを沢山聞いて、私も北原さんでよかったと安心しました。

いざ出産!!となるとどの痛さが陣痛なのか分からず、自分で病院へ行ってもいいタイミングが分からなかったのですが、電話で丁寧に対応して下さり、病院に着いてからは“あとは周りの先生や助産師さん、看護師さんを信じよう”とホッと安心でした。最初から最後まで、私が落ち着ける様に声をかけてくださり、嬉しかったです。

入院中も、毎日丁寧に教えて下さり(私の患部の様子や、赤ちゃんの様子など、どんなに些細なことでも真剣に話を聞いて答えてくださいました!!)気持ちが満たされた6日間でした。(子供じゃないですが(笑)みなさん褒めて伸ばしてくださるので、痛くても辛くても頑張れました!!やっぱりプラスの声かけって、人からすごくパワーをもらえるのだと実感しました。褒めてもらえた時は私自身がすごく嬉しかったです!!)

本当にたくさんの方に支えてもらい、ここまでくることができました。
お世話になりました。先生・助産師さん・看護師さん・食事を作って下さった方々・毎回掃除をしてくださった方々、、、、、、本当にありがとうございました。
温かい気持ちでいっぱいです!!これからスタートですが、今回の気持ちを忘れず、赤ちゃんにこの温かい気持ちを伝えていきます!!

2018年4月23日 第3子 男の子

広くて独立したキッズルームがあり、産後は上の子も一緒に入院できるということで、おじいちゃん、おばあちゃんがいない我が家としてはとても助かりました。
2人目に引き続きこちらでお世話になるのは2回目です。お父さんが先の予定の見えない仕事のため、子供たちが突然お世話になったり、色々わがままを言って申し訳ありませんでした...
10分間隔の陣痛が始まって入院したのは、出産の15時間前でしたが、そこから痛みの間隔が開いてしまい...
テレビで英キャサリン妃が出産のため入院というニュースを聞いて同じ第3子同士、どちらが先に産まれるか勝手に競争していました(笑)
結局間隔と痛みが戻ってきたのは夜10時、キャサリン妃は3時間前に産まれたようです。「あーあ、今日産まれていたら1人目は21日生まれ、2人目は22生まれ、3人目は23日生まれだったなあ」とつぶやいた途端に破水、その15分後に産まれてしまいました。「分娩所要時間」は10分間隔の陣痛がついてからの時間だそうで「24分」になりました。
心の準備ができないうちに産んでしまったので、突然やってきた痛みにプチパニック。院長が手を握って「落ち着いて」と何度も言ってくれました。やれやれ...1人目の時の方がよっぽど落ち着いていました。情けない。
1人目の時の産院は「お母さんの意思を尊重します」という名の元、放任主義。始めてのことだらけなのに細かいことを教えてもらえず、おっぱいが飲めているかどうかもわからず病室で何度も泣きました。1人目から北原さんでお世話になっていたら全然違ったのかもしれないな...と思います。ここは本当に良い産院です。
子どもは三者三様、上の二人とはまた違う疑問、不安が出てくるかもしれません。わからないことがあったらすぐお電話します。相談しやすい雰囲気がとてもありがたいです。
これからもこの地域でどうぞよろしくお願いします。

2018年4月13日 第1子 男の子

妹がこちらで出産していたこと、この辺りでの評判が良いことからこの病院での里帰り出産に決めました。
32週の健診からお世話になりましたが、スタッフのみなさんは優しくとても気さくであたたかく接して下さいました。院長先生は無口だけど怒ってるわけじゃないからね、というウワサを聞いていましたが(笑)、母親学級でお話されているのを聞いて赤ちゃんに対する愛情を感じました。

出産当日は、初産だったこともあり陣痛についてもよく分からず、なんとなくお腹が痛いと思い夕方に病院に連絡をしました。病院に着いた頃には陣痛が強くなって来て、お産用の服に着替えるタイミングで破水してしまいました。陣痛はどんどん痛くなり、これから始まるお産がどんなものなのか不安だらけの中、助産師さんはとても優しく、「大丈夫、大丈夫」
と言って下さりすごく心強かったです。分娩の際も、早く出したいということしか考えられなかったですが、いきみ方を何度も指摘してもらい、「上手だね~!!」と言っていただき何とか頑張って出産することができました。出産直後、赤ちゃんをお腹に乗せていただいた時の嬉しさと安心感は忘れられないものとなりました。

産後の入院中は、ご飯がとっても美味しく本当に快適でした。
清掃のスタッフの方も、部屋を移動する際に荷物を運んで下さり助かりました。
最初、授乳がうまくいかず、たくさんスタッフの方に指導していただきました。
母乳マッサージもしていただき、かなり痛かったですが、そのおかげで少しずつ分泌が良くなりました。退院後も自分で頑張りたいと思います。
院長先生、明るく優しいスタッフの方々にお世話になり、無事初めての出産を終え退院できてホッとしています。北原さんを選んで良かったです。
本当にありがとうございました。これからの赤ちゃんとの生活を楽しみたいと思います!!

2018年4月11日 第2子 男の子

第1子は違う病院での検診・県外での里帰り出産でしたが、複数の知人からの評判のよさから、今回お世話になりました。
検診~出産~入院を経て、前評判で聞いていた「院長先生は口数少ないけど説明が的確で信頼できる、スタッフが親切、ごはんが美味しい、院内がきれい」という情報は全てその通りだったなぁと感じています。
毎回の検診では、先生からの説明は確かに多くはありませんでしたが、しっかり診ていただけているのだろうと、「順調です」の一言を安心して受けることができました。スタッフのみなさんはとても親切で、質問にも丁寧に答えてくださりありがたかったです。また、平日19時まで診察してもらえるのも、とても助かりました。
出産時は、前向きな言葉がけ、的確でわかりやすい指示に導かれ、無事に乗り切ることができました。本当にありがとうございました。産後のお腹や会陰の痛みも、上の子の時に比べてとても軽いことにおどろいています。
入院中は、どのスタッフさんもとても親切にケアしてくださり、不安を感じることなく過ごすことができました。私や赤ちゃんだけでなく、見舞いに来た上の子にも温かく接してくださったことが、とてもうれしかったです。
そして、ごはん、とっても美味しくいただきました。冷たくてうす味、プラスチックの器....というイメージの病院食がとても苦手なのですが、全く違って、ほんとに美味しくて、器もあたたかくて、食事がとても楽しみでした。北原食堂ができたらいいなぁと思ってしまいます。。。

妊娠中から、本当にありがとうございました。また何かの機会にお世話になることがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

2018年3月21日 第1子 女の子

院長先生、助産師の皆様、本当にありがとうございました。
妊娠中の体重管理、自分の体が自分だけのものではない不安と責任から正直妊婦生活が楽しく感じれず早く解放されたい!と思っていました。予定日を過ぎても何の変化もなく、「もう出てきていいんだよ~」と毎日話しかけていました。やっと生理痛のような痛みが起こり始め、嬉しかったのを覚えています。病院に来てからも昼食を完食できる位の余欲があり、「こんなもんなのか?」と甘く考えていました。
5分間隔くらいに陣痛がなり、それでも助産師さんと笑って話せる程度の痛み...だったのがどんどん加速していき、内診で「子宮口5cm!」と言われた位から笑えなくなりました。助産師さんに「順調に進んでるよー!このままだと今日中に会えそうだね!」と声を掛けて頂いた時に時計は17時頃...「あと7時間も続くの!?!」と絶句しました。子宮口7cmくらいからイキみたくてイキみたくて、この痛みをどう逃がしたらいいのか分からなくて、自分のどこからそんな声が出るのかって声がちょこちょこ出てしまい...ごめんなさいと思いながらも我慢できませんでした。「2人目なんて絶対ムリ!!」「世の中の母はみんなこれを通過してるの!?」と経験した事のないあの痛みに心が折れ、ネガティヴな言葉で頭がいっぱい。やっと「子宮口全開」と聞いた時には「イキめる!!!」と嬉しくて、自分でも不思議な程スタスタ歩いて分娩台にあがりました。そこからあっという間に出産!顔が見えた時「本当にいたんだ!」とおどろきと感動。抱っこした時、達成感と無事に育ってくれた事、、産まれてきてくれた事に感謝の気持ちで、今まで味わった事のない感情で心がいっぱいでした。
産後、おっぱいが岩のように固く動かなくなってしまい朝から夜中まで毎日激痛のおっぱいマッサージ...でも助産師さんたちが色々話しながらやってくれたり、我が子に沢山飲んでほしい思いで辛くはありませんでした。
どの助産師さんも本当に優しく、話しもしやすく、何もわからない状態の私を一歩一歩、私の歩幅に合わせて進んでくれているように感じ、無理なく、でも確実に進歩しているのが自分でもわかって楽しかったです。
産後の助産師さんの存在が本当に大きく、不安や辛い思いを感じなかったのはここの助産師さんたちのおかげです!!ありがとうございました。
退院前日の今日...2人目できても良いかなと思っています。子供がかわいい!幸せ!!
こんな気持ちで退院をむかえる事ができて感謝です!!!

2018年3月2日 第2子 男の子

私は本陣痛の1週間前に前駆陣痛でフライング入院しました。昼間だったので、両親や主人、上の子の幼稚園、お友達、色々な人に協力してもらったのに、優雅な一泊旅行に...。
それからというもの、主人は仕事に集中できず、家族からの連日のまだ?コール、次の入院に失敗できないプレッシャー、その後予定日も超えたので一日おきのNST。
お腹は重くて動くのも辛く、愛おしかった胎動も、もういい加減羊水で遊んでないで出てきて!という焦りに変わってきていました。
でもいざ本陣痛になると怖くてたまらず、あまりの痛さに後悔しながらも待ちくたびれた数日を思えば、これでスッキリするんだ!の気持ちの方が強くなっていきました。
前回のお産は総合病院で、自分の体重管理の甘さもありましたが、出産は右も左も分からないまま耐え忍ぶ長時間の壮絶なもので、産後の入院生活も痛みと不安と孤独の中、毎日一人で声を出さずに泣いていました。
その時のトラウマから、もう次はいらないと思い続けて5年。
フライング入院の際に助産師さんと前回のお産の話をしていたら、見ないふりをしていた不安や恐怖が溢れ出しつい泣いてしまいました。
看護師さんたちは忙しいので、あまり話をしては悪いと思っていたのですが、親身になってくれるのに甘えて入院中もたくさん話をして下さって幾度となく救われました。
産後に前回で付いたお産の悪いイメージを良いものにしてあげたかったと言って下さり、その気持ちが嬉しくて、フライング入院も意味のある事だったんだと縁のようなものを感じました。
信頼できる、と安心したからこと、陣痛中も意識が朦朧としていても、助産師さんたちの声だけは聞こえていました。
的確な指示をいただき、その通りにしただけで順調な達成感のある良いお産になりました。
同じお産でもこんなに違うとは、本当にこちらの病院にして良かった。そして1人目もこちらにしていれば...とも。
上の子が来た時も、一緒にお手伝いさせていただいたりして娘は助手になった気分で張り切っていました。実は一番の心配だった上の子の心のケアまで一緒に考えて下さったのはとてもありがたかったです。
北原産婦人科にして本当に良かったです。ありがとうございました。私が次が無理なら、娘がこちらで産むので、孫を取り上げて下さい。よろしくお願いします(笑)
それから...出産を振り返って何かに似てるなと思ったのですが、それはまるでコーチと選手みたいだ!ということです。オリンピックの見すぎでしょうか...(笑)死ぬまで4年に1度のオリンピックを見る度にこのお産を思い出すと思います。
あと...院長先生には大変お世話になりました。両親学級での熱い話と落語家さんのような語り口に我が家は先生のファンになっています。普段はちょっと怖いですが...(特に主人)ありがとうございました。

以上です。長くなってすみません。

2018年2月15日 第3子 男の子

思いかけず授かることができた第3子。第2子の時、北原産婦人科さんで素敵な出産ができたので産むなら迷わずココ!!と決めていました。
とはいえ、初診までは不安の日...高齢妊婦、本当に大丈夫かな...子供の障害も不安だな...と不安な気持ちばかりが頭をグルグル。でも、3年ぶりにまた訪れ、変わらず親切な助産師さん達と会いcoolな院長先生に「おめでたです。」と言ってもらえた瞬間、不安が消えました!!「子供は宝物」という先生の子供に対する愛情を思い出し、私の元に来てくれたことに感謝できました。
検診の時、3年前に産まれた次男を連れて行くと、先生はいつも優しく対応してくださり、私も息子の成長した姿を見せることができて、嬉しく思っていました。
予定日が近づき、推定体重が増えていくと、「次は3440gだよなあ」とポツリ。??と思っていたら「長男くんが3240g、次男くんが3340gだから次は、3440gなんじゃない」長男は他院での出産だったにも関わらずきちんと妊婦さんの傾向も丁寧に見て下さっているんだなと感動しました。
3番目にも関わらず予定日から遅れること3日目。朝からジワジワと痛みだし「今日産まれるな」と病院へ連絡し向かってくる車中でこれまで以上に早く強い痛み。到着するとすでに子宮口もしっかり開いていて、到着から2時間で出産となりました。前回同様、スムーズに産むことができで、今回は主人も陣痛室で一緒に過ごすことができ、またまた思い出となる良いお産となりました。
産後のケアはもちろん、いつも美味しいお食事を作って下さる調理師さん方、行き届いたお掃除をして下さる清掃の方々、本当にありがとうございました。(前回同様お見舞いに来てくれた人達も大絶賛でした)
1ヶ月検診の後は、自身のかかりつけ婦人科としてお世話になりたいと思っているのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

2018年2月14日 第1子 女の子

北原先生、スタッフの皆様、昨年6月に初めて診察をしていただいた日から本日の退院まで長いようで短い期間でしたが大変お世話になり、本当にありがとうございました。
船橋市に住むようになりすぐの妊娠発覚となり、家から近く通いやすいという理由でこちらの医院にお世話になることに決めましたが、お産を終えて、「初めての出産をこんなにステキな医院で経験できてすごく恵まれていたなぁ」と思いました。
両親学級等で北原先生のお考えや方針を知り、体重管理の大切さや素人の様々な意見にまどわされてはいけないということを意識して妊娠期間を過ごすことができました。
そのおかげもあり、予定日を6日過ぎましたが落ち着いてお産の日を迎えられたように思います。陣痛がなかなか強まらず長時間の戦いとなりましたが、担当して下さった助産師さんが親身に的確な対処をして下さり、とても心強く、頑張りきることができました。ありがとうございました。

産後はもっと痛みが続いたり不自由なことがたくさんあるのかと思っていましたが、実際は痛みもほとんど感じず、夜に赤ちゃんを預かっていただけたので充分な休養をとることもできて私自身こんなに動けることにおどろきました。
上手に縫合して下さった北原先生やお世話をして下さったスタッフの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

授乳指導は深夜でも嫌な顔ひとつせず毎日熱心に対応して下さりすごく勉強になりました。まだまだこれからが頑張りどころですが、教えていただいたことを思い出しながら赤ちゃんと共に成長していきたいと思います。
食事もすごくおいしくて、器など細かな所までこだわっているのが素晴らしいと思いました。病院食とは思えないクオリティで毎回楽しみでした。

2人目が出来た際はまたお世話になりたいと思っています。
本当にありがとうございました。

2018年2月13日 第3子 男の子

北原先生、スタッフの皆様、この度はお世話になり本当にありがとうございます。
第1子、2子と里帰り出産だったのですが、今回は上の子の幼稚園もあり、里帰りは厳しいため、ネットで検索し、こちらの産院を選ばせていただきました。
初めての病院だったので、不安な気持ちで1回目の検診に行ったら、まずキッズルームの広さと充実さにビックリしました。子供たちがすぐに気に入り、毎回検診についてきたがりました!!
そして母親学級がものすごくためになりました。3人目だから必要ないのでは?とずっと思いながら参加したのですが、2人も生んでるのに、私って知らないことだらけだったんだ…と身に染みて思うほど、ためになるたくさんの事をとてもユーモアにお話しして下さり、この病院を選んでよかったなと思いました。
今回の妊婦はひどいつわり、耳の不快感、お腹の張り、そして仕事に2人の子育て…と、不安とストレスが一番大きかったように思います。
そしてきわめつけに2月頭に家族全員がインフルエンザにかかってしまいました。ただ家族の回復をまっていてくれていたかのように、みんなが落ち着いて、ひと安心!!の矢先に陣痛?らしきものが来てしまいました。
まだ予定日より10日以上早かったので、前駆陣痛かな?と思って様子をみていました。検診日だったので陣痛らしきものが…と話しているうちに痛みが強くなりまさかのそのまま入院となりました。
洗濯物も布団も干しっぱなし、幼稚園の準備もしていない…家の事が不安すぎて1度家に帰りたいと言ったのですが、助産師さんが少しなやみ「いや、このまま入院しましょう」との事でした。さすがに今日の今日って事はないんじゃないかな?と思っているうちに、どんどん痛みは強くなり、そこから2時間弱でのスピード出産でした!!
あの時、家に帰らなくて本当によかったです。良い判断をしてくれた助産師さんに本当に感謝しています。
入院中はとにかくおっぱいケアが丁寧でした。こんなに丁寧にみてくれるのかとビックリしました。1人目2人目の時は、退院してしばらくしてやっと出るようになったおっぱいが、入院中から少しずつ出るようになりました。お食事もとてもおいしく、毎回楽しみです。子供は3人しか考えていませんが、最後の子をこの病院で産めたことに本当に感謝しています。ありがとうございました。

2018年1月28日 第1子 女の子

北原先生をはじめ、院の先生方、助産師の皆様、事務や調理・清掃スタッフの方大変お世話になり、ありがとうございました。気持ちよく過ごさせて頂き幸せな妊娠・出産になりました。
2017年4月に船橋に来て、6月の妊娠発覚、家から歩いて5分、HPを見てみると綺麗で食事が美味しそう、何より院長インタビューの記事を読んですぐに惹かれ外来の予約をしました。初診で心音が聞こえ、先生に「おめでとうございます」と言って頂いた時の感動は今でもはっきり覚えています。
身内では里(山口県)帰り出産が当然のように思われていて、私自身は立ち合い出産を希望していたものの、夫は怖がっていたため、こちらで出産するか悩みました。母親学級や検診で北原先生のお話を聞くうちにここで産みたいと思うようになりましたが、北原先生のお話を両親学級で聞いた後からは、夫の方が先生のファンになり、家でも「北原先生がこう言ってたし」と私に指導?してくるほどでした(笑)結果、「陣痛~出産、へその緒も切らせて頂き、私の胎盤や産まれたての我が子が洗われる?様子など、私が見てないものも全て見せてもらいました。先生の仰る「夫婦共同出産」を経験できたこと、私たち夫婦にとってかけがえのない出来事になりました。(予定日の2週前、夫の出張が入ってしまい1人の時に産まれたらどうしようと不安を先生に漏らすと、「言い聞かせていれば、不思議とちゃんとお父さんがいる時に出てきてくれるから」と言ってもらい、そっかと不安な気持ちが晴れ、安心してすごせました。)
産後は体調や母乳のケアを本当に皆さん丁寧にして下さり有難かったです。助産師の方々はそれぞれの表現スタイルで温かく熱心に指導して下さったので、尊く素敵な仕事だなあ…凄い…と思いました。素敵な方ばかりで、そんな皆さんに囲まれて幸せな入院生活でした。教えて頂いたこと、明日の退院後からしっかり実践します。
期待通り毎日の食事も本当に美味しく、毎回完食でした!全て写真を撮ったので今後の献立の参考に(カロリー・塩分等)させて頂きます。
夫と本当にここで産んでよかったと話しています。第2子もこちらでお世話になりたいと思います!!(転勤がないといいのですが…)ありがとうございました。

2018年1月25日 第2子 男の子

院長先生、佐藤先生、スタッフの皆様、この度は本当にお世話になりました。

第2子妊娠がわかった時、頭に浮かんだのが「北原さん」でした。 子連れ入院ができること、家からそう遠くないこと、何より近所の方々からの評判がバツグンだったからです。「次も北原さんで産みたい」何人から聞いたことか!

院長先生はスパルタで、体重管理も厳しいと聞いてはいましたが、初日から「+6kg」までと言われ、自信がなくなりました。自分なりに食事を工夫したり、体重をグラフにしたものや食べたものを書き出して冷蔵庫のドアにはったり(笑)と、いろいろ頑張ってはみたんですが心折れそうになり、先生に「ゴールが遠いので中間目標が知りたい」と言ってみると、そんなものは必要ない!増えることだけがダメなの!減っても問題ないの!
はーい、がんばりまーす。
院長先生の厳しさの裏に、赤ちゃんとお母さんへの深い愛情があると知ったのは母親学級でした。他の産院とは全く違いました。赤ちゃんの誕生がいかに素晴らしいものであるのか、それを守るのはお母さんしかいないということ、そのために全力を尽くすという熱い想いに私は心を打たれました。先生はまた、赤ちゃんが生まれたあと、家族みんなで幸せに生きていくことの大切さも考えて下さっていました。こんなに熱くて愛情豊かな先生とスタッフの皆さんがいる産院で出産できることを幸せに思いました。
その後も「3日に1日しか外出しちゃダメ」「歩かない」「子供は家で遊ばせて」等スパルタは続き、予定日を過ぎました。色々と不安で今後のことを聞こうと「このまま生まれなかった時…」と言いかけたら、うまれないことはない!余計なことは考えない!
はーい、すみません。
その後家に帰ってしばらくして痛みが強くなり、病院に着いてから1時間半後に生まれてました(笑)
上の子も一緒に来ていたので夫は立ち合いが出来ませんでしたが、助産師さんの的確で優しい励ましに助けられ、上の子に比べて本当にびっくりするくらいの安産でした。
安心感からか、痛いけど頭のどこかは冷静で、赤ちゃんが生まれてくるところもまじまじと見ることができました。赤ちゃんはずっと元気に泣いていて、「まれにみる元気さ!」と言って頂けて本当に嬉しかったです。
産後は痛みが本当に少なくすみました。院長先生の言うことを聞いて体重管理を頑張って良かったと心から思いました。
そして入院時!北原さんで良かったと様々な場面で思いました。
食べ過ぎて困るくらいのおいしい食事、きれいな部屋、座シャワー!!はもちろんですが、スタッフの皆さんが本当に素晴らしく…
配膳時、清掃時にいつも笑顔で対応していただきました。
助産師さん、看護師さんは、赤ちゃんのこと、母乳のこと、体調のこと、一つひとつ丁寧にケアして下さいました。上の子の時は母乳がなかなか出ず、苦労もしたのですが、今回は皆さん丁寧に見て下さり、アドバイスやマッサージをして下さったので、これから頑張っていく自信が持てました。それだけではなく、色々な話を聞いて下さったり、悩みを相談させてもらったりと、精神面でも沢山ケアしていただいたなと思います。
また、上の子(1歳8か月)は毎日来ていたのですが、皆さん優しく相手して下さって、とても感謝しています。通院時もプレイルームがありがたかったし、院長先生はじめ優しくして下さって本当に子どもを大切にしてくれる産院だと思いました。 明日退院してしまうのが寂しいですが、こちらでお世話になった約8か月のことは大きな支えになっています。あたたかくて情熱的な、そして子供大好きな方々に囲まれて出産できたことを忘れずに、これからの生活をスタートできる喜びをかみしめて家族4人で頑張っていこうと思います。
北原産婦人科の皆様、本当にありがとうございました。
もし…もし次がある時は、またぜひよろしくお願いします!!

2018年1月23日 第3子 女の子

院長先生、スタッフの皆様この度は大変おせわになりました。
次男の妊娠の時にお世話になり、もし3人目ができたら北原さんでと思っていました。こちらで産むことができて本当によかったです。
今回は、上の子2人ともインフルエンザ...に加え外は大雪!!という状況の中、陣痛が始まりバタバタでしたが、電話での看護師さんの的確な対応に安心して病院に向かうことができました。病院に着いてから、じわじわと陣痛の感覚が短くなり痛みも強くなり3人目なのに出産の痛みにかなりびびっていました。でも、看護師さんの優しい言葉や対応にかなり気持ちを落ち着かせることができました。また、そばにいた主人にも気を使って下さり、部屋で仮眠もとらせてくれたりと、本当にありがたかったです。
出産もたくさん声をかけて頂き、そのおかげで頑張れました!!私も主人も男の子かなと思っていたので女の子でびっくり!!お腹の出方は関係ない!ですね。唯一お兄ちゃんだけが女の子だと思う~と言っていたのが当たりました♪
入院中は子供たちとはインフルのため会えませんでしたが、帰ってお兄ちゃん達に妹を会わせるのが楽しみです。退院までに隔離期間が終わってよかったです。
出産後2日くらいしてわかったのですが、出産の時に対応して下さった看護師さんは主任さん、赤ちゃんを取り上げて下さったのは師長さん!とVIPな待遇で私ってなんて幸せ...と思いました。
出産後、他のスタッフの方達も本当に優しくて、上のお兄ちゃん2人を心配して下さったり、私の話を聞いて下さったり…。本当涙が出そうです。1人目の時は他の病院で出産し、母乳があまり出ずかなり悩みました。乳腺炎にも何度かなり混合でした。
2人目でこちらでおっぱい指導をしっかりして頂いたおかげで2人目は完母でいくことができたのですが、1人目の時のトラウマがまだ若干あり、今回もちゃんどでるだろうか…と不安でしたが、看護師さん皆さん本当に優しくていねいに指導して頂いたおかげで今日は24増えていて嬉しくて1人ガッツポーズをしてしまいました!このまま完母でいけそうです。本当に本当にありがとうございます。
そして毎日の食事が本当においしくって楽しみで仕方ありませんでした。おいしいだけでなく食器や盛り付けにもこだわっていて幸せな時間でした。
普段忙しいから…と子供達の食事も手抜きになりがちでしたが、こちらで食事をさせて頂きながら食の大切さをあらためて感じました。何故か写真を撮らせて頂いたので帰ったら写真を見ながら盛り付けやレシピを参考にして作りたいと思います。主人が調理師であるのに今まで料理を教えてもらおうとか考えませんでしたが、帰ったら主人に料理を教えてもらって子供達が喜ぶような食事を心がけたいと思います。
お部屋もとてもきれいで過ごしやすくお掃除のスタッフの方もいつも笑顔で心温まりました。ありがとうございました。
出産はとても痛くて怖かったですが、皆さんの支えのおかげで無事に乗り越えることができました。北原産婦人科の皆様、そして家族、本当にありがとうございました。
このノートを読みながらいろんなエピソードやドラマ、今回自分もそうでしたが色々な事があっての出産は、一生の宝物となる思い出です。産まれるってすごいですね。命ってすごいですね。神様から授かった命を大切に大事に大事にしていきます。
もしまた4人目ができたら…。その時はまたよろしくお願いします。
大変お世話になりました。院長先生、先生方、看護師さん、助産師さん、スタッフの皆様ありがとうございました!!

2018年1月17日 第1子 女の子

院長先生、スタッフの皆様、この度は大変お世話になりました。
無愛想でいつもどこか不満気で大変扱いにくい患者だったと思いますが、いつも親身になって笑顔で対応してくださり、本当にありがとうございました。 都内からの引っ越し→転院という流れでこちらにお世話になりましたが、初診で私の既往歴や伴うリスクを非常に気にかけてくださった時は嬉しくて泣きそうになりました。なあなあに流されるだろうなあ...と軽く考えていた分驚きもありました。
妊娠後期は特に顕著でしたが、体重管理がおぼつかず仕事もどんどん激務になるばかりで精神的に荒んでいた時期もありました。「仕事が忙しくて...」とか「こういう方法で体重管理頑張ってるのに!」とか、そういう言い訳をするのが嫌という謎の自尊心が災いし、体重管理を指摘されては皆さんに『これ以上どうしろっちゅーねん』オーラをぶつけては、自分も半泣きで帰るという負のループに陥りもしました。(完全に八つ当たりでした、申し訳ありません...)
予定日1ヶ月を切り、やっと産休に入ってから体重を減らしていくことができました。その時、先生やスタッフさんに褒めて頂けて自分がどんな事を考えていたのかも聞いて頂けました。結果も思いもまっすぐに受け止めて下さり心が楽になりました。本当にありがとうございました。『もっと早く言えば良かった』と思うばかりです。
出産当日は破水から3時間半、病院到着後からだと約40分たらずでの出産だったと思います。慌ただしいお産だったと思うのですが、先生、スタッフの皆様が迅速に対応してくださり、大変心強かったです。また、分娩台に乗ってからすんなり出てきてくれたわが子にも感謝です。自分では安産だったと思っているのですが、皆様に助けて頂けたから賜ったものだと思います。ありがとうございました。
出産後もこちらが申し訳なくなる位良くして頂きました。美味しい料理にきれいなお部屋、なにより懇切丁寧に接してくださった授乳指導、ママの疲労回復までも計算された指導法は感動してしまいました。私もご多分に漏れず、私に合った授乳法を1から模索して頂きました。大変骨の折れる作業にもかかわらず、最後まで親身になって付き添ってくださりありがとうございました。
人生初の出産をこちらで迎えることができて本当に良かったです。本当にありがとうございました。

2018年1月6日 第2子 女の子

上の娘を産んで8年ぶりの出産。県外出身の私は引っ越して1年もたたずに第2子妊娠となり、不安と戸惑いの中病院探しからのスタートでした。
仲の良い友人や親などもいず、全てネット検索で多々ある病院の中から直感で選んだのが北原産婦人科でした。
上の娘の時は県外の総合病院にて出産。母乳マッサージなど行う事はあるもほとんどミルクをあげており、母乳は全く出ない状態で退院。
母子同室でもないため、退院の日には「え?これから一緒に生活?どうやって?」状態だったのを覚えています。だって1日に娘にふれあえ、抱っこ出来たのは1日3回の授乳、おむつ交換の時のみだったからです。
北原産婦人科では、上の娘とは違く常に一緒(笑)母乳マッサージもただ行うだけでなく先の目標の為1歩1歩きちんと説明して進んでいく感じでした。上の娘の時には味わえなかった母乳を吸われる感じとっても感動しました。マッサージはとっても痛いけど、その先にある幸せが何とも言えない感じで毎日幸せでした。
帝王切開での出産となり不安いっぱいで行った手術でしたが、何度も優しく声をかけてくれたり、手をにぎってくれていたこと今でも鮮明に覚えています。1人じゃないんだ。と心強かったです。本当にありがとうございました。
直感で選んだ病院でしたが、私の直感は間違っていませんでした。ステキなスタッフさん達に院長先生、厨房の皆様、1人1人があたたかく寄り添ったケアがとてもうれしく感じました。
妊娠中決して経過のいい妊婦ではなかったけれど(特に体重(笑))母子ともに健康で無事娘を出産出来た事感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。母乳育児がんばるゾ!!

Top