北原産婦人科 Kitahara Ladies’ Clinic

Greeting
ごあいさつ

あなたと、あなたのご家族との一期一会を大切にしたいと考えています。
女性の心と体と、かけがえのない命の誕生。
これらを守り、サポートするために、私たちは努力を惜しみません。
医療内容、スタッフ、施設、サービス、そのすべてのクオリティに、向上心を持ち続けます。
心に残る医療をめざして・・・。

院長写真

理事長・院長 医学博士
北原 慶幸

‘85東京慈恵会医科大学卒
日本産婦人科学会認定医
母体保護法指定医

産婦人科医としてのこだわり

大切にしたいのは、命の尊さ。生命の誕生という奇跡を大切に受け止め、その成長を温かく見守っていきたいと考えています。ですから、赤ちゃんが産声を上げるその瞬間まで、無事に産まれることだけを共に祈っていましょう。当院では、緊急を要する場合をのぞいて、なるべく自然分娩ができるように心がけています。
陣痛促進剤も、病院の都合で使うことはいっさいありません。命の誕生は、限りなく自然な状態で、迎えられるべきだと思っています。
あなたとの出会いも「一期一会」。その縁あって出会った方の一生の幸せを願っています。
女性の一生を通してのよきホームドクターとして、サポートしてゆければ幸いです。

婦長 助産師 写真

師長 助産師
原田 富子

一生の思い出のための出産

出産・育児という、女性にとって貴重なチャンスを、「大変」という思いでとらえるのではなく、かけがえのない期間として大切に、そして楽しく過ごしていただきたいと思っています。
例えば「陣痛」。確かに痛くて苦しいものですが、陣痛は赤ちゃんに会わせてくれる唯一の協力者なのです。出産は決して恐いものではありません。 もうすぐかわいい赤ちゃんに会える「嬉しい痛み」ととらえて仲良くする、という発想を持ってみて下さい。ママががんばっている時は、赤ちゃんも一緒にがんばっているのです。
当院は母子同室と母乳育児を勧めていますが、これは出産直後の赤ちゃんとママが、より自然なかかわり方をしてほしいからなのです。
「出産」というドラマを、一生のよい思い出として残しておくためにも、ママとしてできることは、一緒にがんばっていきましょう。
最後に、子育てに合格やゴールの設定はありません。順調の一言で十分なのです。焦ることはありません。自信を持って、ゆっくりと歩んでいって下さい。

Top